ツァイガルニク効果で仕事の生産性を2倍にする方法 | おもしろ心理学

おもしろ心理大学 あそ部 なにしよう科

ツァイガルニク効果で仕事の生産性を2倍にする方法

2019/03/20
 
仕事の生産性を2倍にする心理学
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

 

ゆうじ
こんにちは。おもしろ心理学のゆうじです。

ツァイガルニク効果を活用して、ブログを書くのが2倍早くなりました。

 

仕事を早く終わらせたい。

仕事の効率を上げたい。

仕事に取りかかるまでに時間がかかる。

 

そんな方は、ツァイガルニク効果を活用してみてください。

ツァイガルニク効果とは、「続きが気になる」心理効果です。

 

結論からお伝えすると、「中途半端にやること」が、仕事の効率を上げる方法です。

 
 
こんな方へ
  • 仕事を早く終わらせたい人
  • 仕事に早く取りかかりたい人
  • 仕事の効率を上げたい人

 

それでは見ていきましょう。

⇒ツァイガルニク効果を応用した勉強方法についてはこちら

ツァイガルニク効果で仕事の生産性を2倍にする方法

ツァイガルニク効果で仕事の生産性を2倍にする方法

ツァイガルニク効果(zeigarnik effect)とは、未達成のことや中断されていることが気になる心理効果です。

ツァイガルニク効果を利用すると、仕事が爆速で終わります。

 

具体的には

  • 仕事に取りかかるまでのスピードが早くなる
  • 仕事に取りかかるまでのストレスが少なくなる
  • 仕事を切り上げる時間が早くなる

 

仕事が早くなる理由

  • 中途半端なことが気になるから。
  • 続きが気になるから。

 

人間は終わったことよりも中途半端なことが気になります。

完了していることより未完了のことが、記憶に残りやすいんですね。

 

ツァイガルニク効果の特性を仕事に応用して、自分の時間を増やしていきましょう。

ツァイガルニク効果1:仕事に取りかかるまでのスピードが早くなる

ツァイガルニク効果1:仕事に取りかかるまでのスピードが早くなる

前回の仕事を中途半端に終わらせておくと、仕事に取りかかるまでのスピードが劇的に高まります。

 

  • 0→1をつくるのは大変
  • 1→2をつくるのはわりと簡単

 

ポイント:仕事をキリの良いところで終わらせない

 

  • 次の仕事に10%だけ着手⇒翌日残り90%を終わらせる+また次の仕事に10%だけ着手。

中途半端に次の仕事に着手しておくと、次が取りかかりやすくなります。

 

ツァイガルニク効果2:仕事に取りかかるまでのストレスが少なくなる

ツァイガルニク効果2:仕事に取りかかるまでの抵抗が少ない

前回の仕事を中途半端に終わらせておくと、仕事に取りかかるまでのストレス(心的負担)が劇的に少なくなります。

 

  • 取りかかるまでの考える時間がいらなくなる。
  • 取りかかるのに悩む時間がいらなくなる。

 

ポイント:仕事は一気にやりすぎない

 

  • 仕事を一気にやる→反動でストレスが増える。

一気に完了せず、あえて毎回未完了にします。それが仕事の良いサイクルをつくるコツです。

 

ツァイガルニク効果3:仕事を切り上げる時間が早くなる

ツァイガルニク効果3:仕事を切り上げる時間が早くなる

前回の仕事を中途半端に終わらせておくと、生産性が劇的に向上します。

  • 完了した仕事→時間が経つと満足度が下がる
  • 未完了の仕事→これから満足度が高まる

 

ポイント:未完了の状態を常につくる

 

  • 完了する一歩手前で終わる⇒モチベーションが高い状態で次の仕事ができる

未完了の状態はモチベーションを高め、生産性を向上させます。

 

ツァイガルニク効果と関連する心理学

ツァイガルニク効果と関連する心理学

ツァイガルニク効果と組み合わせることで、仕事のパフォーマンスをさらに高めてくれる心理効果をご紹介します。

 

 
 

 

ポイント:小さく中途半端に動く

仕事のパフォーマンスを上げる方法は「小さく中途半端に動く」です。

 

  • 次の仕事に片足だけ突っ込む→せっかく始めたから最後までやりたい。

 

人間は一度始めたことを途中で止めることに、抵抗があります。

そのため片足だけでも突っ込んでおけば、次の仕事に取りかかりやすくなります。

 

ゆうじ
小さく中途半端に動くを繰り返すと、いつの間にか仕事の生産性が上がります。

そして新しい「習慣」がつくられます。

 

ツァイガルニク効果を応用した仕事術のまとめ

ツァイガルニク効果を応用した仕事術のまとめ

いかがでしたでしょうか。

ツァイガルニク効果を利用すれば、仕事の効率を2倍にできます。

中途半端に小さく動くことから、仕事にどんどん役立ててみてくださいね。

 

ポイント

  • ツァイガルニク効果(zeigarnik effect)とは、未達成のことや中途半端に終わっていることが気になる心理効果。
  • 一気に完了せず、あえて毎回未完了にするのが、仕事の良いサイクルをつくるコツ。
  • 仕事のパフォーマンスを上げる方法は小さく中途半端に動く。

ツァイガルニク効果まとめ記事⇒勉強・恋愛・仕事・マーケティングで応用できる4つの方法

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おもしろ心理学 , 2019 All Rights Reserved.