失敗しない文章を書くために意識すべき5つのポイント | おもしろ心理学

おもしろ心理大学 あそ部 なにしよう科

失敗しない文章を書くために意識すべき5つのポイント

 
失敗しない文章を書くために意識すべき5つのポイント
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

 

ゆうじ
こんにちは!心理学研究家のゆうじです!

普段は企業で働きつつ、心理学研究やカウンセリングをしています。

 

  • 読みやすい文章を書けるようになりたいなぁ。

 

今回はブログ初心者に向けて、読みやすい文章を書くために、意識するべき5つのポイントを解説します。

結論から書くと

  1. 句読点の位置
  2. 改行のタイミング
  3. 漢字・ひらがな・カタカナのバランス
  4. 文体
  5. 接続詞の使い方

この5つのポイントを意識するだけで、読みやすい文章に生まれ変わります。

ぜひ試してみてください。

 

失敗しない文章を書くために意識すべき5つのポイント

失敗しない文章を書くために意識すべき5つのポイント

  1. 句読点の位置
  2. 改行のタイミング
  3. 漢字・ひらがな・カタカナのバランス
  4. 文体
  5. 接続詞の使い方

この5つのポイントを意識しましょう。

 

1.句読点の位置

「、」「。」の位置によって、文章の読みやすさは劇的に変わります。

事例

  • お金がなくなったので銀行から、借りた。
  • お金がなくなったので、銀行から借りた。

 

2.改行のタイミング

改行すると余白ができて、読みやすくなります。

余白は視覚へのストレスを軽減してくれるので、読者のためになりますね。

ゆうじ
できれば3~5行ぐらいで改行するのがベターです。

 

3.漢字・ひらがな・カタカナのバランス

漢字は使いすぎず、なるべくひらがなで分かりやすく書きましょう。

漢字は画数が多く、読者に圧迫感を与えてしまいます。

ゆうじ
漢字:3

ひらがな:6

カタカナ:1

ぐらいのバランスがおススメです。

 

4.文体

主語、語尾、リズムを統一して、あなた独自の文章を書きましょう。

読者は文体をみて、「あ、この人の文章か」と理解してくれるようになります。

主語

  • 俺、僕、私、うち、あたい、わし

主語が少し変わるだけで、フランクになったり、堅苦しいイメージになったりしますよね。

 

語尾

  • ~です、~ます、~だ、~である、~ね

語尾は主語との組み合わせによって、印象が変わります。

 

リズム

  • 改行や句読点の位置、文章の流れなど

例えば小説とビジネス書では、まったく文章のつくりが違いますよね。

 

5.接続詞の使い方

接続詞を使うか、使わないのかで、文章のリズムが大きく変わります。

読者は接続詞をみて、無意識に文章を判断しているんですね。

事例

  • 不動産を買うか迷ったが、買わないことにした。
  • 不動産を買うか迷った。けっきょく、買わないことにした。

接続詞の使い方について詳しく知りたい方は「接続詞の使い方12選」をご参照ください。

 

読者のストレスを軽減する視覚的リズム

読者のストレスを軽減する視覚的リズム

文章において、視覚的リズムがめちゃくちゃ大事です。

 

視覚的リズムが大事な理由

誤解をおそれずにいうと、読者は文章を読んでいないからです。

読者は文章を見ているんですね。

じっくり読む前に、目で見て判断しています。

 

文章を「読む」から「見る」へ

現代人は忙しいので、基本的に文章を飛ばし読みします。

つまり、視覚的に気になったところを見て、読み進めるんですね。

たとえば何かを検索して、ページを見たとき、すぐにそのページを離れた経験はないですか?

もしあれば、それは視覚的に文章を目で見て判断したからです。

 

視覚に訴える文章を書く

どんなに良い文章でも、ダラダラ書かれたものはよっぽどのことがない限り、読まれません。

読まれるためには、視覚に訴える工夫が必要です。

たとえば

  • 見出しをつける
  • 余白をつくる
  • 文字を装飾する
  • 画像を入れる

こういった工夫をすることで、「見られる文章」になり、「読まれる文章」へ変わります。

 

参考書籍

 

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書) [ 古賀 史健 ]
created by Rinker

 

失敗しない文章を書くために意識すべき5つのポイントまとめ

失敗しない文章を書くために意識すべき5つのポイントまとめ

失敗しない文章を書くには、以下の5つを意識します。

  1. 句読点の位置
  2. 改行のタイミング
  3. 漢字・ひらがな・カタカナのバランス
  4. 文体
  5. 接続詞の使い方

視覚的なリズムを意識して、読みやすい文章にしていきましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おもしろ心理学 , 2019 All Rights Reserved.