ブログを書くやる気が出ないときの対処法【作業興奮ってなに?】 | おもしろ心理学

おもしろ心理大学 あそ部 なにしよう科

ブログを書くやる気が出ないときの対処法【作業興奮ってなに?】

2019/05/04
 
ブログを書くやる気が出ないときの対処法【作業興奮ってなに?】
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

 

ゆうじ
こんにちは!心理カウンセラーのゆうじです!

普段は企業で働きつつ、心理学研究やカウンセリングをしています。

 

  • 文章を書こうと思っても、やる気が出ない。
  • パソコンをひらくことすら、めんどくさい。
  • ブログの毎日更新ができない。

 

今回は毎日ブログを書いている僕が、やる気が出なくても継続できるコツをお伝えします。

結論は、作業興奮を利用すると、やる気が高まります。

やる気が出なくて困っている人は、ぜひ読んでみてください。

 

ブログを書くやる気が出ないときの対処法

ブログを書くやる気が出ないときの対処法

作業興奮を利用します。

作業興奮とは

行動によってやる気を高める心理現象のことを、作業興奮といいます。

ドイツの医学者・精神科医のエミール・クレペリンが発見しました。

  • やる気が高まったら、行動する。

一般的にやる気と行動の関係性は、上記ですよね。

しかし作業興奮は違います。

行動がやる気を高める

 

  • 行動するから、やる気が高まる。

一般的な考え方とは逆なんですね。

つまり、行動すればするほど、やる気が高まるということです。

やる気が出なくて困っているときこそ、文章を書きましょう。

その文章を書く行為自体が、あなたのやる気を高めてくれます。

ゆうじ
言い方を変えると、脳をだますということですね。

 

作業興奮を引き出すポイント

作業興奮を引き出すポイント

  • 仕組みの理解。
  • 小さな一歩。
  • 淡々と取り組む。
  • 十分な睡眠。
  • 適度な運動。

 

仕組みの理解

作業興奮が起こる仕組みについて理解しましょう。

手足を動かすと、脳の側坐核に刺激を与え、ドーパミンというやる気の成分が出ます。

  • 手足を動かす⇒側坐核に刺激⇒ドーパミン分泌⇒やる気出る

 

例:スポーツのウォーミングアップ

軽く体を動かすだけでも、やる気が出てきますよね。

 

何もしないとやる気も出ない

手足を動かさないと、やる気は出ないままです。

つまり、やる気を出したいならまずは行動することですね。

ゆうじ
ジムに行くまではめんどくさいけど、ジムに行ったらやる気が湧いてきますよね!

 

小さな一歩

小さなことから始めましょう。最初のハードルを驚くほど下げます。

最初から大きなことをやろうとすると、なかなかやる気が出ません。

まずは小さなことから決めて、作業興奮をねらうと、徐々にやる気が高まっていきます。

 

例:まずはPCの電源ボタンを人差し指で押す

ブログを書くなら、まずはPCの電源ボタンを押すことから始めましょう。

小さな動作が積み重なれば、それが作業興奮となり、やる気が高まります。

 

ゆうじ
いきなり1記事書くぞ!と意気込むより、まずは1分書いてみようだとハードルが下がって書きやすくなります。

 

淡々と取り組む

やる気が出ないから行動できないんだよ!と思っているなら、まずは感情を気にせず淡々と取り組みましょう。

淡々と作業をしているうちに、作業興奮となります。

 

例:ブログ記事の見出しをまずはつける

見出しだけパーッとつける。

そのあと、画像を貼る。内容を肉付けするなどしていくと、いつの間にかやる気が高まっています。

ポイントは作業興奮になるまで、淡々と手を動かすことです。

 

十分な睡眠

睡眠はしっかりとっておきましょう。

最低でも6~7時間は必要です。

睡眠が十分にとれていないと、作業興奮が発揮されにくくなります。

 

適度な運動

適度な運動は側坐核を効率的に刺激してくれます。

つまり、作業興奮の効果が高まるということですね。

筋トレ、散歩、ガムを噛むなどでもいいので、簡単なことをまずやってみましょう。

ブログを書くには環境設定が大事である話

ブログを書くには環境設定が大事である話

すぐに文章を書ける環境にしておくことが、生産性を高めます。

つまり、いかに早く作業興奮の状態をつくれるかということです。

作業興奮を早める環境づくり

たとえば僕は作業興奮を早めて、やる気を高めるために部屋の環境を整えました。

  • 立ち机。
  • イスを使わない。
  • 記事が書けるまで寝れない。

基本的に立って記事を書いています。

わざわざ座ったり、一息ついたり、姿勢を直したりしなくて済みます。

はじめは違和感があるかもしれませんが、続けていくと初動が軽くなるのでおススメですね。

ゆうじ
これは主観ですが、座って作業するよりも立って作業した方が、作業興奮までの時間が短く感じます。

 

やる気を高めるには小さな行動で十分

やる気を高めるには小さな行動で十分

繰り返しですが、やる気は待ってても高まりません。

逆にいえば、ほんの少しの行動が作業興奮を生み出し、やる気を高めてくれます。

不安なとき、めんどくさいとき、だるいときほど、小さな行動を積み重ねていきましょう。

明るい未来が見えるかもです。

ゆうじ
あ~ブログ書くのだりぃなぁ~ってときは、PCをひらいて「あいうえお」と入力してみましょう!

きっとそのときには作業興奮がはたらいて、文章を書き始めていますよ。

 

ブログを書くやる気が出ないときの対処法

ブログを書くやる気が出ないときの対処法

なかなかやる気が出ないときこそ、行動しましょう。

ほんの小さな一歩が、やる気を高めてくれます。

実践あるのみですね。

 

ポイント

  • やる気が出ないときは、作業興奮を利用する。
  • 行動によってやる気を高める心理現象のことを、作業興奮という。
  • やる気は待ってても出ない。行動だけがやる気を高めてくれる。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おもしろ心理学 , 2019 All Rights Reserved.