【両面提示と片面提示】あなたの説得力を劇的に高める方法 | おもしろ心理学

おもしろ心理大学 あそ部 なにしよう科

【両面提示と片面提示】あなたの説得力を劇的に高める方法

2019/05/10
 
【両面提示と片面提示】あなたの説得力を劇的に高める方法
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

 

ゆうじ
こんにちは!心理カウンセラーのゆうじです!

普段は企業で働きつつ、心理学研究やカウンセリングをしています。

 

  • 説得力を高める交渉術を身につけたい。
  • 営業がうまくいく方法を知りたい。

上記の悩みを解決するのが「両面提示と片面提示」です。

両面提示とは、製品やサービスのメリットとデメリットの両方を伝える方法です。

反対に片面提示とは、メリットかデメリットのどちらか片方だけ伝える方法です。

それぞれどんな交渉術なのか、詳しくみていきましょう。

両面提示とは

両面提示とは

両面提示とは、メリットとデメリットの両方を伝える交渉術です。

  • この製品は低価格というメリットがありますが、保証がないというデメリットがあります。

 

ゆうじ
両面提示は論理で動くタイプの人に有効です。

 

片面提示とは

片面提示とは

メリット、あるいはデメリットだけを伝える方法を、片面提示といいます。

  • この製品は低価格で、さらに品質も良いというメリットがあります。

 

ゆうじ
片面提示は感情で動くタイプの人に有効です。

 

説得力を劇的に高める方法は両面提示

説得力を劇的に高める方法

説得力を上げたいなら、両面提示を使うべきです。

製品やサービスのメリットだけではなく、デメリットもしっかり伝えるということですね。

なぜならその方が信頼されやすいからです。

 

良いことばかり言う人を信頼できますか?

今はネットでいつでもどこでも、情報が手に入りますよね。

良いことばかり言っても、いずれバレます。

相手との信頼関係を壊さないためにも、デメリットはあらかじめ伝えておくべきです。

そうしないと後から「こんなの聞いてなかったよ」と言われたらおしまいですよね。

たろう
両面提示はリスク回避にもなるね。
はなこ
片面提示はトラブルの元だね。

反論:片面提示も効果あり

反論:片面提示も効果あり

とはいえ片面提示でも、説得力を高める効果はあります。

両面提示の方がメリットとデメリットを伝える分、説得力や信頼性には優れますが、、、

相手は慎重になりますので、行動する即効性がなくなりますよね。

その点、片面提示には商品やサービスを購入するまでのスピードを、早める効果があります。

片面提示には即効性がある

交渉において早く結果を作りたい場合は、片面提示が最適です。

イメージはジャパネットたかたですね。

商品のメリットを次々に説明され、いつの間にか視聴者は商品を買うことを決めています。

あの話術は神がかっています。

片面提示の使い分け

相手にしてほしい行動によって、使い分けます。

たとえば

相手に何かさせたいとき

メリットだけを伝える。

相手に何かやめさせたいとき

デメリットだけを伝える。

 

ゆうじ
論理的に動く人には、片面提示の効果がほとんどありません。

なぜなら、「メリットがあるならデメリットもあるだろう」と思うタイプだからです。

 

補足:そのほかの交渉術

補足:そのほかの交渉術

交渉にはローボールテクニック、ハイボールテクニックという手法もあります。

あわせて見てみてください。

ローボールテクニック

ローボールテクニックとは、最初に相手が受け入れやすい好条件を出して、徐々に相手にとって不利な条件を伝える手法です。

 

ハイボールテクニック

ハイボールテクニックとは、相手がキャッチできない高さにボールを投げて、その後ギリギリ届く高さに新しいボールを投げる手法です。

 

【まとめ】両面提示と片面提示は相手によって使い分ける

【両面的説得】あなたの説得力を劇的に高める方法のまとめ

相手のタイプによって、片面提示か両面提示か使い分けましょう。

ただし、個人的には両面提示がおススメです。

理由は

  • 相手が安心、信頼しやすい
  • リスク回避ができる
  • あとでトラブルになりにくい

ということで今回はこれぐらいにしておきます。

最後に本記事のポイントをまとめますね。

ポイント

  • 両面提示とは、メリットとデメリットの両方を伝える方法。
  • 片面提示とは、メリットあるいはデメリットだけを伝える方法。
  • 相手によって、提示方法を変えるのがベター。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おもしろ心理学 , 2019 All Rights Reserved.