【現状維持の法則】あなたの行動がうまくいかない理由|心理学で徹底解説! | おもしろ心理学

おもしろ心理大学 あそ部 なにしよう科

【現状維持の法則】あなたの行動がうまくいかない理由|心理学で徹底解説!

2019/03/13
 
【現状維持の法則】あなたの行動がうまくいかない理由
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

 

ゆうじ
こんにちは。おもしろ心理学のゆうじです。

行動できない理由について、心理学的に解説します。

 

 
 
こんな方へ
  • 行動したいけど、だらけてしまう。
  • 一歩踏み出したいけど、勇気がでない。
  • やりたいのに、やれない。

 

行動できない理由と対処方法について、お伝えします。

 

この記事を読めば、以下のメリットがあります。

  • 行動できない理由が分かる
  • 行動できない自分を責めなくなる
  • やりたいことをやれるようになる

 

それでは見ていきましょう。

あなたが行動できない理由

暗闇で頬杖をついて悩んでいる女性

あなたが行動できない理由は、現状維持の法則が働くからです。現状維持バイアスとも言ったりしますね。

 

現状維持の法則とは

人間は選択肢が複数ある場合、普段と同じような選択をしてしまうという法則です。

 

人間は選択肢がたくさんある環境下にいると、現状維持を選択したくなります。

つまり、行動したくてもできないのは、選択肢が多いためです。具体的な事例をみていきましょう。

 

ゆうじ
 ちなみに、現状維持の法則はプリンストン大学のエルダー・シャフィール教授が提唱した仮説です。

 

具体例

5つの選択肢から好きなものを選んでくださいと両手を差し出している様子

選択肢が多いと、人間は思考停止したくなります。その結果、行動せずに現状維持を選択します。ここでは、現状維持について具体例をご紹介します。

 

仕事

仕事で転職をするか悩んでいると、結局、現状維持を選択してしまいます。

 

 

それは、今の会社に残るメリットと転職するメリットを考えているうちに、頭が疲れてしまうからです。そうなると、思考停止状態になり、このままがいいと判断してしまうのです。

 

ダイエット

ダイエットをしようと決意をしても、多くの人が続きません。それは、現状維持を好んでいるからです。人間はなるべく楽したい性質を持っています。

 

 

変化することを嫌うので、元の生活習慣に戻ってしまうのです。その結果、ダイエットできずに以前と同じ生活が再スタートします。

 

恋愛

好きな人に告白したり、恋人に別れを切り出すことができないのも、現状維持を好むからです。DV男と別れられないのも、この法則が働いている要因が大きいです。

 

勉強

普段、勉強する習慣がない人は、まず勉強できません。その人にとっては勉強することよりも、目先の楽しいこと、楽なことが重要だからです。

 

 

ここでいくら勉強のメリットを語ったところで、現状維持の法則の前では効果はあまり見られないでしょう。それぐらい人間は現状維持を好むのです。

 

結局、行動できるようになるには?

たくさんの選択肢がある扉

では結局のところ、行動できないのかというとそうではありません。

行動できるようになるポイントは、以下の2つです。

  • 選択肢を減らす
  • 選択する機会を減らす

選択肢と意思決定を減らすことで、行動できるようになります。それぞれ見てみましょう。

 

選択肢を減らす

ここで復習します。現状維持の法則とは、人間は選択肢が複数ある場合、普段と同じような選択をしてしまうという法則でしたねということは、選択肢を減らすことができれば、そのぶん行動もしやすくなるということです。

 

 

特に現代は情報が洪水のように溢れて、選択肢も数えきれないほどあります。そんな時代だからこそ、選択肢を減らして、やりたいことに集中するべきです。

 

 

選択肢を減らす例
  • 転職⇒消去法で希望する会社を減らす
  • ダイエット⇒ダイエットする目的を1つに絞る
  • 恋愛⇒自分の価値観を1つだけ明確にする
  • 勉強⇒この範囲しかやらないと限定する

上記のようにやってみると、選択肢が減って、行動がしやすくなります。

 

選択する機会を減らす

人間は意思決定に、ものすごくエネルギーを使います。とくに選択する機会(時間)が多いと、意思決定疲れを起こします。その結果、現状維持を選択したくなります。

 

 

そうなる前に、選択する機会を減らします。

 

 

選択する機会を減らす例
  • 転職⇒転職サイトは1つだけ登録する
  • ダイエット⇒ルールを決めておく
  • 恋愛⇒出会いの場にあえて行かない
  • 勉強⇒何ページまでやるか決めておく

上記のようにやってみると、迷いが減って、行動がしやすくなります。

 

まとめ

あなたが行動できない理由のまとめ

いかがでしたでしょうか。あなたが行動できないのは、現状維持の法則が働いているからです。

 

 

努力、忍耐、根性がないからではありません。環境の要素が大きいんですね。ムダをはぶいて、行動できる習慣をつくっていきましょう。

 

 

ポイント

  • 行動できない理由は、現状維持の法則が働いているから。
  • 人間は選択肢が複数ある場合、普段と同じような選択をしてしまう
  • 行動できないのは、あなたのせいではなく、人間の機能的問題。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おもしろ心理学 , 2019 All Rights Reserved.