選択的注意とは?具体例と実験動画で分かりやすく解説~日常心理学~ | おもしろ心理学

おもしろ心理大学 あそ部 なにしよう科

選択的注意とは?具体例と実験動画で分かりやすく解説~日常心理学~

2019/05/24
 
選択的注意とは?
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

ゆうじ
やっほー!
今回は【選択的注意】について説明していきますね!!日常であるあるな心理学をぜひ学んでみてくださいね!

この記事を読めば、以下のことが分かるよ。

  • 選択的注意とは
  • 選択的注意が起こる原因
  • 具体例
  • まとめ

それぞれ見ていこう。

選択的注意とは

選択的注意とは

選択的注意とは、あなたにとって重要だと認識された情報のみを選択し、それに注意を向けることです。

ちなみに英語ではSelective attentionと書きます

 

選択的注意が起こる原因

選択的注意が起こる原因

選択的注意はどんな原因で起こるのか。

裏付けられた実験例も併せて説明していきますね。

選択的注意が起こる原因

選択的注意が起こる原因は何でしょうか。

それは、人間が生存・存在していくために必要な機能だからです。

事例

例えば日常生活の中で、情報ってたくさん溢れていますよね。

  • 電車の中の広告
  • 飲食店での会話
  • 電話をしている人の声
  • インターネットやSNSの情報

このように多様な情報の中でわたしたちは生きています。

その情報を全て受け取っていたら、人間の脳は処理しきれずにパンクしてしまいますよね。

たろう
パソコンも同じだね。
はなこ
データ量が多いと、処理スピードが遅くなったり、フリーズしたりするもんね。

選択的注意で優先順位を決めている

選択的注意によって情報の取捨選択ができないと、人と会話をしたり優先順位を決めて何か行動を起こすことが難しくなります。

そうならない為にも、人間は自分に興味のあることや重要なことに関する情報を受け取って、情報を処理しています。

特に、時代の変化とともに、情報は洪水のように増え続けていますし、選択的注意がないと脳がパニックに陥ってしまいます。

選択的注意はわたしたちを守ってくれる機能でもあるんですね。

 

選択的注意を裏付ける実験動画【実験例】

まずはこの動画を観て下さい。

ハーバード大学の実験テストです。

参照:selective attention test

いかかでしたでしょうか? あなたは気づけましたか?

以下、動画のネタバレです。

 

 

選択的注意の実験内容

 

  • 白いシャツを着ているチームが、何回パスをしたのか数える。

ちなみに実験の正解は15回です。実験内容はこれだけです。

ただ、これはパスの正確な回数を数えるテストではなく、裏の目的があったのです。
それは、選択的注意が働いているかを実験するという目的です。

【ネタバレ】選択的注意の実験

実はあなたが白いシャツを着たチームに目を向けている間に、ゴリラが横を通ります。

まさかのゴリラです。これに気付けるかという実験だったのです。

答えが分かった状態で動画を観ると、「なぁんだ、簡単じゃん。」と思うかもしれませんが、答えを知らない人からすると、これが全く気付かないのです。

 

人間は見たいものを見ている

人間は注意をして何かに夢中になっている(選択的注意)ときに、他の対象物が見えなくなるという現象が起きるのです。

実際には、あれだけ画面中央にゴリラが出現しているので、見えているはずだけど「認識」していないということです。

これは、視覚だけではなく、聴覚など他の感覚器官にも当てはまることが分かっています。

例えばあなたがパーティー会場のようなザワザワした場所にいたとしても、自分の名前を呼ばれたらすぐに気付きますよね。これをカクテルパーティー効果と呼びます。

 

選択的注意の具体的な事例

選択的注意の具体的な事例

選択的注意は日常のあらゆる場面で起こります。

例えば僕は今、この記事を書いていますが、書いているこの瞬間も選択的注意は起こっています。

では、具体的にどんな事例があるのかご紹介します。

勉強における選択的注意

勉強における選択的注意

よく親が「勉強しなさい!」とか「宿題しなさい!」とか言いますが、なぜそこで勉強する人と勉強しない人に分かれるのでしょうか。

 

これは色んな要因がありますが、その中の1つの要因として挙げられるのが選択的注意です。

勉強しない人はもちろんですが、勉強しても成績が伸びないのは、才能でも能力でもなく単純に興味がないからなんですね。

これ、衝撃ですよね。興味がないから、成績が伸びない。つまり、選択的注意が「勉強」に向いていないんです。

だから、授業を聞いても内容が頭に入ってこないし、宿題をしようとしても宿題に注意が向かないのです。

逆に、勉強して成績を上げていくタイプの子は、選択的注意がその方向に働いています。

これは僕が家庭教師の仕事をしている時に気付いたことですが、「勉強」に対して注意が働いている子と、「親を喜ばせたい」や「周囲の期待」に注意が働いている子もいます。

そういう子は勉強に多少興味がなくても、結果的に成績は上がっていくんですね。

旅行における選択的注意

旅行における選択的注意

旅行の準備をしている時、やたらとその旅行先の情報が集まることはありませんか。

例えばあなたがアメリカへ旅行に行こうと思っていると、旅行会社が目に留まったり、本屋さんで観光本を見かけたり、友人からアメリカの話が入ってきたり、TVでアメリカの特集をやっていたりします。

これは、普段から見ていたもの、聞いていたものですが、あなたが「選択的注意」を行うことによって、普段意識していなかったことが、認識されるようになるんですね。

ちなみに僕は、シンガポール旅行の前に、マーライオンとマリーナベイサンズホテルの情報がやたらと入ってきました。笑

 

妊婦さんを例にした選択的注意

妊婦さんを例にした選択的注意

あなたが妊娠したり、もしくは奥さんやともだちが妊娠した時にやたらと妊婦さんを街中で見かけることはありませんか。

これも普段意識していなかったものが、意識するようになって見えてくる原理です。僕も職場の方が妊娠したと聞いた時、やたらと妊婦さんを街中で見かけました。

選択的注意の効果はおそるべしです。

自動車にみられる選択的注意

自動車にみられる選択的注意

自分が乗っている車や、バイク、自転車、あるいは欲しいモノでもいいんですが、「あ、これ俺が乗ってるやつと同じやん!」とか「これ欲しいやつやん!」とか思った経験はありませんか。

これは自分にとって重要な情報だったり、興味がある情報の為、情報を選択してインプットしているからなんですね。

逆にいうと、自分にとって重要度の低い情報や、興味がない情報はあまり入ってきません。

 

工事現場にある選択的注意

工事現場にある選択的注意

工事現場で「工事中」とか「危険!」とか書いてある看板を見たことはありませんか。

あの看板表記はわたしたちに注意を向けさせて、危険を回避させてくれる役割があるんですね!

たしかに、ああいう看板がなかったら危ないですもんね。

 

選択的注意が働かない

選択的注意が働かない

人によっては、選択的注意が働きにくく、情報を取捨選択したり優先順位をつけたりすることが困難な人もいます。

特に発達障害と呼ばれている人たちにとって、それは極めて困難です。周りの理解が必要になります。

関連記事⇒発達障害者がカクテルパーティー効果で苦しむ理由

注意力や集中力は訓練次第で高めることができるため、またその方法も記事にしていきたいと思います。

選択的注意のまとめ

選択的注意のまとめ

いかがでしたでしょうか。

選択的注意はわたしたち人間にとって、ものすごく重要な機能の1つです。

人とコミュニケーションを取ったり、物事に取り組む際には注意力や集中力が必要です。

ちなみに僕は集中力は平均的だと思いますが、集中するまでに時間がかかります。笑

ブログ書くまでに時間がかかるので、いろいろと研究していこうと思います。

ポイント

選択的注意とはあなたにとって重要だと認識された情報のみを選択し、それに注意を向けること。

・人間が生存・存在していく為には選択的注意が必要である。

・選択的注意が起こっている時、他の情報を認識することは困難である。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おもしろ心理学 , 2018 All Rights Reserved.