結果を出す人と出せない人の違いは目標設定にあり【断言します】 | おもしろ心理学

おもしろ心理大学 あそ部 なにしよう科

結果を出す人と出せない人の違いは目標設定にあり【断言します】

2019/03/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら




ゆうじ
こんにちは。おもしろ心理学のゆうじです。

 

結果を出す人と出せない人の違いってなんでしょうか。

これがものすごくシンプルなことだったりします。

そこで今回は、僕の周りで上手くいっている人たちの共通点を、抽象化してまとめました。

具体的には経営者、プロスポーツ選手、投資家などを対象にしています。


こんな方へ
  • 結果を出す人と出せない人の違いが知りたい人。
  • 上手くいっている人の特徴を知りたい人。
  • 自分も結果を出したいと思っている人。

 

それでは見ていきましょう。




結果を出す人と出せない人の違いは目標設定にある

結果を出す人と出さない人の違いは目標設定の違い

結果を出すか出さないかの違いは、目標設定に対する考え方の違いです。

ただがむしゃらに行動するのではなく、結果を出す人は行動しながら目標を決めています。

 

ゆうじ
目標設定しながら、走っているんですね。

 

ではどのような目標を設定しているのでしょうか。

一言でいうと、今が確実に変化する目標設定です。

 




今が確実に変化する目標設定

今が確実に変化する目標設定

結果を出す人は、今の行動が確実に変わる目標設定をしています。

目標を道具に使って、今を変化させているんですね。

 

例えばダイエットをしたい場合

結果が出ない人は

  • 今年の夏までに5キロ痩せる!

という目標設定をします。

これだと、努力・忍耐・根性に依存するため、挫折しやすいです。

 

いっぽうで、結果が出る人は

  • とりあえず今からダイエットについて調べてみよう!
  • 実際に筋トレなりウォーキングなりやってみよう!
  • 試したあとに、目標とか立ててみるかな!

と考えます。

先にできることはやって、後で目標設定をします。

 

つまり

  • 結果が出ない人⇒行動する前の自分で目標設定⇒視座が低い目標。
  • 結果が出る人⇒行動した後の自分で目標設定⇒視座が高い目標。

この違いが、結果を出す人と出さない人の違いです。

 

ゆうじ
ここまで読んでもあまりイメージできないと思うので、以下で目標設定について深堀します。

 




結果を出す人は、目標設定が上手

結果を出す人は、目標設定が上手

結果を出している人の目標設定は、以下です。

  • 行動しながら、目標設定している。
  • 柔軟に目標を修正している。
  • 目標設定の数が多い。

 

(1)行動しながら、目標設定している

行動しながら目標を立てるので、視座が高くなります。視座というのは、見える世界のことです。

こんな感じで

  • 行動⇒見える世界が変わる⇒目標設定⇒今までと違う行動⇒結果

という流れに乗れます。

 

(2)柔軟に目標を修正している

結果を出している人は、自分が決めた目標に執着しすぎず、柔軟に目標の修正をしています。

こんな感じで

  • とりあえずこの目標でやってみよう
  • 上手くいかなかったら、また修正しよう

 

イメージとしては、「お試し」という言葉がしっくりくるかもしれません。

とりあえず行動をしてみて、違うと思ったら軌道修正をしていく。

 

(3)目標設定の数が多い

結果を出している人は、目標設定の数がハンパなく多いです。

例えばいきなり

  • 年収1億円稼ぐ!

ではなく、細分化して以下のように目標設定しています。

  • まず1000円稼いでみる
  • そのあと、それを1万円にする
  • そのあと、それを10万円にする

1つの大きな目標を設定するのではなく、このように小さな目標をたくさん設定します。

そして、小さな目標を確実にクリアしていきます。

 

(4)結果を出す人の共通点

共通点をまとめると、

  1. 動きながら
  2. 修正しながら
  3. 小さな目標をクリアしていく

この3つに尽きます。

別の言い方をすると、未来にとらわれすぎず。今目の前のことに集中している人です。

ここでいう未来とは、結果のこと。

今というのは行動のこと。

つまり、結果を出している人は、一見矛盾しますが結果に囚われていません。ただ目の前のひとつひとつの行動を大事にしています。

 

ゆうじ
王道は、結果に囚われず、小さな行動を積み重ねていくこと。

 

結果を出す人は、結局続ける人

結果を出す人は、結局続ける人

とはいいつつも、やっぱり継続している人が最強です。

結果を出している人は、必ずといっていいほど継続しています。

ごくまれに天才的に上手くいく人もいますが、長くは続かないのかもしれません。

 

日本には継続にまつわるこのようなことわざがあります。

  • 継続は力なり
  • 塵も積もれば山となる
  • 好きこそものの上手なれ

 

もちろん、継続や一貫性を過剰に「美」とする価値観が、日本には強くありますので、それが嫌になった時は休んでもOKです。

長い目で自分が興味あること、やり遂げたいことを継続していけばいいんじゃないでしょうか。

 

結果を出す人と出せない人の違い まとめ

結果を出す人と出さない人の違いは目標設定の違いのまとめ

いかがでしたでしょうか。

「目標設定」が、結果を出す人と出せない人を分けます。

最初から不安になって挫折する目標を設定するぐらいなら、まずは軽く動いて自分にあった目標を設定していくことをおススメします。

長い目で見て、今が確実に変わる目標設定も悪くないです。

自分を楽しませて、継続できるような目標が決まれば、おのずと結果も出るのではないでしょうか。

ポイント

  • 結果を出す人と出さない人の違いは目標設定にある。
  • 結果を出す人はひとつひとつ小さな目標を積み上げている。
  • 結果を出す人は、やっぱり継続している人。




この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おもしろ心理学 , 2019 All Rights Reserved.