プロスペクト理論|コピーライティングで使える心理学|わかりやすく解説! | おもしろ心理学

おもしろ心理大学 あそ部 なにしよう科

プロスペクト理論|コピーライティングで使える心理学|わかりやすく解説!

2019/03/13
 
コピーライティングで使える心理学。プロスペクト理論を活用!
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら




ゆうじ
こんにちは。おもしろ心理学のゆうじです。

コピーライティングで使えるプロスペクト理論。

心理学的にコツをわかりやすく解説します。

 

 
 
こんな方へ

  • コピーライティングの基本を学びたい
  • 心理学を文章に活かしたい
  • 消費者の行動を促す文章を書きたい

 

 

 

この記事を読めば、以下のメリットがあります。

  • 心理学を使った文章の書き方がわかる
  • プロスペクト理論をライティングに活かせる
  • 文章がレベルアップする

 

それでは見ていきましょう。




コピーライティングで使える心理学

水色のペンでノートに文章を書いている様子

コピーライティングで使える心理学は、様々あります。今回はその中のひとつである、プロスペクト理論をご紹介します。

コピーライティングにおけるプロスペクト理論とは、「人はメリットよりも、デメリットに意識を向ける傾向が強い」という理論のことです。

関連記事:プロスペクト理論とは?身近な例から関連する心理学まで徹底解説

 

プロスペクト理論を理解しておくと、文章の書き方から変わります

ぜひ文章を書く前に、この人間心理について理解しておきましょう。では、どのような事例があるのかご紹介します。

 




コピーライティングで使えるプロスペクト理論の事例

木のテーブルの上にあるコーヒーカップと白紙とペン
 

プロスペクト理論を活用したコピーライティング。その事例を3つご紹介します。

  • 不安・恐怖を刺激する
  • 希少性・機会損失をアピールする
  • 消費者のリスクを背負う

 

それぞれ見ていきましょう。

 

(1)不安・恐怖を刺激する

 

不安・恐怖

不安・恐怖を知らせて、回避方法を提示する。

 

例文

このまま放っておくと、○○のような最悪な事態になります。

しかし、△△があればもう安心。あなたをそのような事態から救ってくれます。

 

 

ポイント

  • 不安・恐怖という損失を伝達。
  • 不安・恐怖という損失の回避方法を提示。

 

この方法は、フィアアピールともいいます。

 

ゆうじ
ここで注意点!

あまりにも不安・恐怖をアピールすると、人はそこから目を背けて直視できなくなります。

不安・恐怖のアピールもほどほどにしましょう。

 

 

(2)機会損失・希少性をアピールする

 

機会損失

機会損失であることを、アピールする。

 

例文

割引価格で購入できるのは今だけ。今後は二度と割引価格での販売はしません。

 

 

ポイント

  • 機会を逃すと、今後手に入れるのは難しいことをアピールする。

 

人は機会損失をものすごく嫌がります。例えば、やらない後悔よりやる後悔という言葉がありますが、これも機会損失を象徴していますよね。

 

ゆうじ
ここで注意点!

消費者には本当のことを伝えましょう。

過度な表現は、不信を招きます。

 

 




(3)リスクを背負う

 

リスクを背負う

買い手のリスクを、売り手が背負います。

 

例文

3か月で結果が出なければ、全額返金保証!

 

 

ポイント

  • 不安・恐怖を取り除く。
  • 安心させる。

 

ちなみにこれは、リスクリバーサルともいいます。

 

(4)事例の要点

要点

 

以上のことから、このようなことがいえます。

  • 人は、不安・恐怖をどうしても回避したい。
  • 人は、二度と手に入らないかもしれないものに価値を感じる。
  • 人は、負担が減ると行動を起こしやすくなる。

 

つまり、人はどうしても損失を回避したいということです。

 

まとめ

コピーライティングにおけるプロスペクト理論のまとめ

いかがでしたでしょうか。

コピーライティングに心理学を取り入れることによって、文章の書き方が劇的に変わります。

 

まずはプロスペクト理論を理解して、あなたの文章に取り入れてみましょう!

 

ポイント

  • 心理学とコピーライティングは切っても切れない関係。
  • 人は不安・恐怖を回避し、なるべくリスクを負いたくない性質がある。
  • 表現の仕方を少し変えるだけで、文章が生まれ変わる。

関連記事

プロスペクト理論とは?身近な例から関連する心理学まで徹底解説

プロスペクト理論|マーケティング編

プロスペクト理論|投資・ギャンブル編




この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おもしろ心理学 , 2019 All Rights Reserved.