【やる気が出ないから行動できない】はウソ?習慣が変わる心理学 | おもしろ心理学

おもしろ心理大学 あそ部 なにしよう科

【やる気が出ないから行動できない】はウソ?習慣が変わる心理学

2019/03/13
 
やる気はあるけど、行動できないはウソ?
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら




やる気が出ない。動きたいのに腰が重い。

やる気がおきず、一日が終わってしまった。

行動できない自分に嫌気がさしてしまう。

こんな経験ありませんか?

しかし、やる気が出ないのはあなたのせいではありません。

実はやる気と行動には意外な関係性があったんです。

この記事ではその謎を解き明かし、今日から行動できる方法をお伝えします。

 

ゆうじ
こんにちは。おもしろ心理学のゆうじです。

やる気と行動の関係について、解説します。

 

 
 
こんな方へ

  • 行動したいけど、やる気が出ない
  • やる気が出るのを待っていたら、一日が終わる
  • 行動できない自分を責めてしまう

 

 

この記事を読めば、以下のメリットがあります。

  • やる気と行動の関係性がわかる
  • 今日から行動できる
  • 自分はダメだと思うことが減る

 

それでは見ていきましょう。




やる気が出ないから行動できないはウソ?

夕焼け空のビルの屋上で立っている男性の影

はい。ウソです。

やる気が出ないから行動できないのではありません。行動しないからやる気が出ないのです。

 

例えば、こんな経験はありませんか?

  • 机の掃除をしていると、気づいたら部屋全体の掃除をしていた。
  • ジムに行くのはダルいけど、着替えていたらやる気が出てきた。
  • 本を読むのはめんどくさいけど、1ページ目を読んだらどんどん読み進めていた。

 

これはやる気と行動の関係性を示した例です。ちょっとした行動が、やる気を高めているということです。

今までは、やる気が起きるまで待っていましたが、これからはそんなことする必要はありません。

 

行動してから、やる気を高めていけばいいのです。

  • いままで:やる気が高まる⇒行動する
  • これから:行動する⇒やる気が高まる

 

ゆうじ
やる気と行動の関係性は、心理学的にもすでに証明されています。人は行動によって、やる気を高めているんですね。

 




新しい習慣をつくる方法

大自然で朝日のまえでジャンプしている若者

まず動く事です。動いているうちに、やる気は勝手に高まります。

ジムに行くまではすごくめんどくさかったのに、いざ行ってみるとやる気が高まって、身体を動かしています。帰る頃には、「今日ジム行って良かったー!」と言っているでしょう。笑

 

では、新しい習慣をつくって、行動できる自分になる方法をご紹介します。

 

(1)理想を低く設定する

理想を低く設定する

行動のハードルを下げます。そのために、行動を細分化します。

 

例えば「ジムで運動する」という習慣をつくりたい時は

  • ジャージを右足から履く
  • 右腕からジャージのそでを通す
  • 玄関に行く
  • 靴を履く
  • 扉に触る
  • 扉を開ける
  • 外に出る

という具合で、「ジムに行く」という動作を細かく分けます。そうすることで、初動が軽くなり、その積み重ねで玄関を出る頃にはやる気が高まっていたりします。

 

(2)関連性を持たせる

関連性を持たせる

なかなかやる気が起きない時は、行動に関連性を持たせます。

 

例えば英語のリスニングを習慣にしたい時は、

  • 通勤電車に乗ったら、英語を聴く
  • ベッドに入ったら、英語を聴く
  • 歯磨きを始めたら、英語を聴く

 

このように、ある動作に関連付けることによって、習慣はつくりやすくなります。

 

(3)無理やりやる

無理やりやる

無理やりやります。決して根性論ではなく、無理やりやるのはやる気を高めてくれるのでおススメです。

 

例えば仕事ができる習慣をつくりたい時は

  • まずとりかかる
  • 考える前にとりかかる
  • 嫌だと思ってもとりかかる

 

厳密にいうと、迷ったり悩んだりするスキを与えずに、すぐやるということです。

最初は難しいかもしれませんが、慣れてくると楽しくなります。笑

とりかかりさえすれば、やる気は後からついてくるので、悩む暇があるなら無理やりやってみましょう。笑

 




(4)言葉をつかう

言葉を使う

自分に言葉を投げかけます。すると、行動がしやすくなります。

 

例えば、筋トレを習慣にしたい時は

  • 筋トレするぞー!ではなく
  • 今日、筋トレする?

という具合で、自分に問います。

 

ここで大切なのが、決意や決断をするのではなく、投げかけ・質問をするということです。

決意をしても、人はほとんど変わりません。大事なのはやることなので、やれるようにうまく自分に言葉をかけましょう。投げかけや質問は、内発的な動機になりやすいです。

 

(5)結果を放棄する

結果を放棄する

習慣化して得られる結果は、あえて放棄します。結果に縛られないことで、目の前のプロセスに集中できるからです。

 

例えば、ダイエットをする習慣をつくりたい時は

  • ○○キロ痩せる!という結果よりも、
  • ウォーキングを30分する

という具合で、結果よりもプロセスにフォーカスします。

 

プロセスにフォーカスしていくと、結果が出始めます。その時、結果にこだわればいいです。なぜならばその頃には、すでに習慣化ができているからです。

 

まとめ

あなたが行動できない理由のまとめ

いかがでしたでしょうか。

やる気が起きないのは、行動しないことが原因でした。

今までの価値観をひっくり返して、行動からやる気を高めていきましょう。きっと、見える景色が変わってきます。

 

ポイント

  • 行動がやる気を高めてくれる。
  • やる気を待っても、やる気は来てくれない。
  • 行動することによって、やる気を生み出し、新しい習慣をつくっていこう。




この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おもしろ心理学 , 2019 All Rights Reserved.