マッチングリスク意識とは?商品が購入されないときの5つの戦略 | おもしろ心理学

おもしろ心理大学 あそ部 なにしよう科

マッチングリスク意識とは?商品が購入されないときの5つの戦略

2019/03/23
 
マッチングリスク意識とは?商品が売れないときの5つの戦略
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

 

ゆうじ
こんにちは。おもしろ心理学のゆうじです。

企業で働きながら、心理学を研究しています。

 

 

マーケッター
  • 製品が全然売れない…
  • 製品がなぜ売れないのか知りたい…
  • マーケティングに使える心理学を学びたい…

 

そんな方に向けて製品の購入率が上がらない原因を5つご紹介します。

結論からお伝えすると、製品が売れないのは顧客の不安を取り除いていないからですね。

顧客が抱く不安の原因を理解すれば、購入率アップにつなげることができます。

それでは見ていきましょう。

マッチングリスク意識とは?意味の理解

マッチングリスク意識とは?

マッチングリスク意識とは、顧客が製品やサービスを購入するときに考える購入後のリスクのことです。

  • これ買っても後悔しないかな?
  • 買ったけど合わなかったらどうしよう…
  • 買って失敗しないかな…

こういった気持ちがあると、顧客はなかなか購入までたどり着きませんよね。

マッチングリスク意識は、製品やサービスの購入率を下げる要因のひとつです。

 

どうやったら取り除けるのか、まずは消費者心理の理解から始めてみましょう。

マッチングリスク意識:消費者心理の理解

マッチングリスク意識の具体例

昨今では実店舗よりもネット販売が主流になりましたよね。

しかしながら、マッチングリスク意識は製品を手に取れないネット上でより働きます。

  • ネットでは製品を手に取って感じられない。
  • ネットでは販売者の顔が見えづらいため、不安が募りやすい。

 

消費者は購入する前、不安を感じやすいです。

なぜならば自分の大切なお金を使うからですね。

 

お金使って損したら嫌だなあ。

 

消費者の特徴

  • 不安・不信を感じやすい。
  • 慎重になりやすい。
  • 周りの意見を聞いて安心したい。

 

ゆうじ
楽天市場で服を買うとき、サイズが合ってるかめっちゃ不安でした。

 

マッチングリスク意識:製品が購入されないときの5つの戦略

商品が購入されないときの5つの戦略

製品やサービスが購入されない原因

  • 不信感
  • 説得力の欠如
  • 高いハードル
  • 危険性
  • 不安感

これら5つの原因を払拭して、消費者の悩みを解決しましょう。

そうすれば、製品やサービスの購入率も上がります。

 

以下では、製品の購入率を上げる5つの方法をご紹介します。

 

(1)信頼感:関係性の構築

顧客と信頼関係を構築しよう。

商品を購入する前、顧客は不安で不信バリバリです。

まずは接触回数を増やしつつ、情報を開示しながら信頼関係をつくっていくことが大事です。

 

(2)説得力:周囲の意見

口コミやレビューを使って、顧客に根拠を提示しよう。

顧客は商品を購入する際、ほんとうに大丈夫かな?と考え周りの意見を取り入れたくなります。

そこにクチコミや商品を使ったときのレビューがあると安心しますよね。

 

(3)簡便性:無料オファー

試供品や無料オファーを活用して、顧客が行動するハードルを下げよう。

特に高額商品の場合はそもそもの購入のハードルが高いです。

いきなり購入してもらうことが難しい場合は、無料オファーやお試し期間などを設けて顧客に商品を使ってもらいましょう。

 

(4)安全性:返品・返金保証

返品や返金保障で、顧客の代わりにリスクを取ってあげよう。

顧客は買い物を失敗したくないと思っています。

そのため失敗してもいいように、顧客のリスクを代わりに背負ってあげましょう。

それだけで顧客は動き出します。

 

(5)安心感:アフターサービス

購入後のアフターサービスで、顧客に安心感を与えよう。

顧客は商品を購入した後のことを、思った以上に気にしています。

未来に安心感を与える意味で、アフターサービスを設けてみましょう。

 

ゆうじ
高い製品を買っても、保証期間があると安心しますよね。

 

マッチングリスク意識を取り除いて、顧客の背中を押してあげよう

マッチングリスク意識を取り除いて、顧客の背中を押してあげよう

何度もお伝えしていますが、顧客が製品を購入したいと思うためには不安を取り除くことが最重要です。

出来る限り顧客の不安をリサーチして、先に取り除いてあげましょう。

 

また、購入しないと損だ!と危機感を与えることも顧客の背中を押すために大事な要素となります。

 

大事な2つのポイント

  • 購入を止める不安要素を取り除く⇒購入しやすくなる。
  • 購入しないと損だ!と危機感を感じてもらう⇒さらに購入しやすくなる。

 

ゆうじ
顧客の背中を押すには、「不安の排除」と「危機感」がポイントですね!

 

◇顧客心理を理解するためにあわせて読みたい

⇒損失回避の法則とは?

⇒プロスペクト理論とは?

 

マッチングリスク意識:製品が購入されないときの5つの戦略まとめ

マッチングリスク意識:商品が購入されないときの5つの戦略まとめ

  1. 信頼関係の構築
  2. 口コミやレビュー
  3. 無料オファー
  4. 返品・返金保証
  5. アフターサービス

 

顧客が感じる不安感・不信感を取り除いてあげることで、製品やサービスを購入しやすくなります。

この5つをおこなうだけで、劇的に顧客の行動が変わるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

ポイント

  • マッチングリスク意識とは、顧客が製品やサービスを購入するときに考える購入後のリスクのこと。
  • マッチングリスク意識は、特にネット上で働きやすい。
  • 消費者の不安を取り除いてあげるのが、マーケティングに必須なスキル。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おもしろ心理学 , 2019 All Rights Reserved.