ヒッチハイクで200台以上の車に乗せてもらった僕が思う3つのこと | おもしろ心理学

おもしろ心理大学 あそ部 なにしよう科

ヒッチハイクで200台以上の車に乗せてもらった僕が思う3つのこと

2019/03/18
 
ヒッチハイクで自動車200台に乗せてもらった僕が思う3つのこと
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

ゆうじ
こんにちは。おもしろ心理学のゆうじです。

 

今まで僕は国内、海外でヒッチハイクを6年ぐらいやって、累計200台以上の車に乗せてもらいました。

そこで今回はヒッチハイクを通して思ったことを、赤裸々に書いていきます。

ちょっとだけお付き合いください。

⇒ヒッチハイクの恐怖体験5選!

 

こんな方へ

  • これから新しくなにかを始めようとしているけど、不安な人。
  • 今やっていることに自信を持てない人。
  • 失敗が怖くて、チャレンジできない人。

そんな方にとって、変化のきっかけになれば幸いです。

ヒッチハイクで200台以上の車に乗せてもらって思うこと

ヒッチハイクで200台以上の車に乗せてもらって思うこと

ヒッチハイクでたくさんの方に乗せてもらって思うことは、以下の3つです。

  • 自分の見ている世界は、自分が決めている。
  • 死にかけても、なんとかなる。
  • 世界は意外と優しい。

最初から抽象的というか、本質的な内容ですが、、、

心理学の知識と経験をベースにそれぞれ解説していきます。

 

 

自分の見ている世界は、自分が決めている

周りの人を勝手に判断しているのは自分です。

 

ヒッチハイクの例

  • あの人は車に乗せてくれないだろう。
  • 忙しそうだから、頼むのやめておこう。
  • この人は絶対に断られるだろう。

ヒッチハイクをやると、雑念がたくさん浮かんできます。

 

これは自分の内面と向き合う良い機会だと思ったので、以下を試しました。

  • 無理だと思っている人に声をかける。
  • 忙しそうな人に声をかける。
  • 絶対に断られそうな人に声をかける。

試してみると、それが自分の思い込みだということに気付かされます。

ダメだと思っていたのに、むしろそんな人たちの方が車に乗せてくれるんですね。

人は、自分の見たいように世界を見ているんですね。

これを心理学では選択的注意といいます。

関連記事⇒選択的注意とは?具体例と実験動画で分かりやすく解説

 

ゆうじ
自分の思い込みが、いかに不完全なのか思い知らされました!

 

死にかけても、なんとかなる

だいたいのことは、結局なんとかなります。だから、失敗しても全然問題ないです。

 

ヒッチハイクの例

  • 雪山で降ろされて死にかけた⇒数時間後、母娘に乗せてもらった。
  • 東北のヤンキー集団に絡まれた⇒仲良くなって、ご飯代やホテル代をもらった。
  • 真冬に公園で野宿⇒ともだちが家に泊めてくれた。

上記をみると、めちゃくちゃ人に頼ってますね。

日本では人に迷惑をかけてはいけないという価値観が強すぎますが、海外ではそうでもなかったりします。

死にかけたら、人は助けてくれます。

あなたが死にかけているときも、だれかしら助けてくれますよ。

だから、どんどん挑戦して、たくさん失敗しても大丈夫です。

 

世界は意外と優しい

先ほども少し触れましたが、世界って意外と優しいです。

世界というのは以下です。

  • 世間
  • 社会とか会社

なんだかんだ、優しい人は多いです。

これも周りをどう思うか次第ですが、少し見方を変えると優しいことに気付きます。

あなたの失敗に対しても、そんなに気にしてないですし、興味すらないと思います。笑

どんどん挑戦して、どんどん失敗していきましょう。

 

要点:認識を少し変えるだけで、挑戦できる体質に変わる

認識を少し変えるだけで、挑戦できる体質に変わる

上記の内容をもう一度整理すると

  • 自分がすべて決めている。
  • 死にかけてもなんとかなる。
  • 世界は思いのほか優しい。

 

ここで伝えたい共通のメッセージは

  • 少しだけ、見ている世界を変えてみよう。

ということです。

見ている世界=認識 ですね。

失敗しても、挫折しても、死にかけても、大丈夫だという認識があればなんとかなります。

最後に精神論のような話になってしまい、申し訳ないですが、、、

人間には選択的注意という心理作用もあり、あなたも僕も見たい世界を見ているに過ぎないです。

だからあんまり、失敗に敏感になりすぎず、見たい世界を選択していけばいいのではないでしょうか。

 

ヒッチハイクで思ったことのまとめ

ヒッチハイクで200台以上の車に乗せてもらって思うことのまとめ

いかがでしたでしょうか。

ヒッチハイクの経験を通して、僕は「人間っておもしろい!」と思いました。

それで心理学について興味を持ち始めたのも、この時期かもしれません。

これから何かにチャレンジしようとしている方は、不安もあるかと思いますが、失敗したらネタになるだけなので気にしなくてOKです。

どんどんチャレンジしていきましょう!

ポイント

  • 自分の見ている世界は、自分が決めている。
  • 死にかけても、なんとかなる。
  • 世界は意外と優しい。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おもしろ心理学 , 2019 All Rights Reserved.