ヒューリスティックをマーケティングで活用する方法5選【心理学】 | おもしろ心理学

おもしろ心理大学 あそ部 なにしよう科

ヒューリスティックをマーケティングで活用する方法5選【心理学】

2019/04/17
 
ヒューリスティックをマーケティングで活用する方法5選
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

 

ゆうじ
こんにちは。心理学研究家のゆうじです。

普段は企業で働きつつ、心理学研究やカウンセリングをしています。

 

ヒュースティック(heuristic)とは、ひとことでいうと「経験則」のこと。

人は自分の経験から、こたえを導き出そうとします。

今回はヒューリスティックをマーケティングで応用する方法について、わかりやすく解説していきますね。

 

本記事を読むと以下のことがわかります。

  • ヒューリスティックをマーケティングで活用する方法
  • まとめ

 

ヒューリスティックについて理解を深めると、マーケティング効果を高めることができます。

それでは見ていきましょう。

ヒューリスティックをマーケティングで活用する方法5選

ヒューリスティックをマーケティングで活用する方法5選

ヒューリスティックとは、自分の経験をもとに選択をする思考パターンのことです。

関連記事⇒ヒューリスティックとは?4つのタイプをわかりやすく解説【心理学】

マーケティングでの5つの活用方法についてみてみましょう。

  • パッケージを考える
  • 商品の選択肢を増やす
  • 数字の表記を変える
  • ネガティブな情報を伝える
  • ヒューリスティック分析

 

パッケージを考える

商品のパッケージは、そのまま消費者のイメージになります。

食品であれば、パッケージの色でだいたいの商品を無意識に予測します。

  • 赤色⇒熱い、辛い、刺激的。
  • ⇒健康、自然
  • 派手な色⇒添加物だらけ

 

パッケージの色やかたち、大きさなどによって、消費者に与える影響は180度変わってしまいます。

パッケージは慎重に決めたいところですね。

 

商品の選択肢を増やす

たとえば商品が2つしかない場合は、3つに増やします。

はじめに提示された情報から、人は判断をするので、できれば価格の高い商品をもう1つつくるべきです。

  • 1万円、3万円の商品がある場合⇒1万円の商品が売れやすい。
 
  • 1万円、3万円、5万円の商品がある場合⇒3万円の商品が売れやすい。

 

あくまでも傾向ですが、最初に提示された情報から、消費者は購入するかどうか判断をします。

これはアンカリング効果ともいいますが、選択肢がいくつかあると、それが消費者にとって比較の対象となるので、購入の決断をしやすいんですね。

ただ選択肢が多すぎると、購入率が下がるため注意が必要です。

関連記事⇒決定回避の法則とは?ジャムの実験例で解説

 

数字の表記を変える

人は数字で対象へのイメージを変えます。

同じ数字であっても、表記を変えるだけでイメージがガラリと変わるんですね。

  • タウリン1000mg配合
  • タウリン1g配合

 

みてわかる通り、同じ「数量」であるにもかかわらず、イメージが全然ちがいますよね。

 

ネガティブな情報を伝える

ネガティブな情報によって、選択が変わります。

人は「これはダメ」、「こうするべき」などの価値観がそれぞれありますよね。

ネガティブな情報を伝えることで、価値観にうったえます。

  • あなたの健康、まちがっていませんか?
  • 今やっている英語学習は、身になっていますか?

 

また、人には損をしたくないという損失回避の法則がはたらきます。

 

ヒューリスティック分析

ヒューリスティック分析は、経験則を用いた分析方法です。

たとえば競合企業の分析のため、消費者の立場で商品やサービスを体感し、評価をします。

 

  • 美容師さんが、他の美容室へ行って、実際に髪を切ってもらう。
 
  • 飲食店の店長が、他の飲食店へ行って、実際に食事をする。

 

分析のために手間がかからない方法なので、コスト削減ができるメリットがあります。

お客さんを集めたり、データをみ直したりする必要がないので、すぐに調査できますよね。

 

注意点

ヒューリスティック分析は、あくまでも主観的に分析をします。

そのため、思い込みで誤った分析結果を出してしまう可能性があります。

 

分析の質を高める方法

ヒューリスティック分析の結果+裏づけとなる客観的なデータや第三者への調査があれば、精度は高まります。

 

 

ヒューリスティックをマーケティングで活用する方法5選まとめ

ヒューリスティックをマーケティングで活用する方法5選まとめ

脳はなるべく楽に、早く判断したい性質をもっています。

そのためヒューリスティックに依存しやすいんですね。

そんな性質をマーケティングに取り入れて、事業に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

ヒューリスティック×マーケティング5つのポイント

  • パッケージを考える
  • 商品の選択肢を増やす
  • 数字の表記を変える
  • ネガティブな情報を伝える
  • ヒューリスティック分析

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おもしろ心理学 , 2019 All Rights Reserved.