幸福優位7つの法則の要約・まとめ|幸せは成功よりも先にある | おもしろ心理学

おもしろ心理大学 あそ部 なにしよう科

幸福優位7つの法則の要約・まとめ|幸せは成功よりも先にある

2019/04/03
 
幸福優位 7つの法則 要約・まとめ
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

ゆうじ
こんにちは。おもしろ心理学のゆうじです。

ショーンエイカー氏の著書「幸福優位7つの法則」についてまとめました。

ポイントを解説します。

 

 
 
こんな方へ

  • 本を読む時間が取れないから、ポイントだけ知りたい
  • 簡単に本の復習をしたい

 

 

この記事を読めば、以下のメリットがあります。

  • サクッと本の内容が理解できる
  • 今日から本の内容を実践できる

 

それでは見ていきましょう。

著書 ショーンエイカー氏の経歴

著書 ショーンエイカー氏の経歴

本題に入る前に、ショーンエイカー氏の経歴をまとめました。

  • ポジティブ心理学の第一人者
  • コンサルティング会社グッドタンク代表
  • ハーバード大学修士号

GoogleやMicrosoftなどの著名企業で、成功と幸福の関係についての実証研究を行いながら、世界45か国で講演やレクチャーをおこなっています。

仕事も人生も充実させる ハーバード式最新成功理論

created by Rinker

 

ポジティブ心理学とは

ポジティブ心理学とは

1998年、当時アメリカ心理学会の会長だったマーティン・セリグマン博士が、このように宣言した。

 

いまこそ心理学研究の手法を転換し、人間心理のポジティブ面にもっと注目すべきときだ。

つまり、「どうすると悪い状態になるか」ではなく、「どうすればうまくいくか」を研究する必要があるということですね。

これが、ポジティブ心理学という新しい分野が誕生したきっかけです。

 

ゆうじ
ポジティブ心理学はまだ20年ぐらいの歴史です。これからもっと発展していきそうですね。

 

幸福優位7つの法則

幸福優位7つの法則

次にショーンエイカー氏が提唱する、幸福優位7つの法則についてです。

  1. 幸福優位性(ハピネスアドバンテージ)
  2. 心のレバレッジ化
  3. テトリス効果
  4. 再起力
  5. ゾロ・サークル
  6. 20秒ルール
  7. ソーシャルへの投資

それぞれみていきましょう。

関連記事⇒成功するから幸せになる?幸せだから成功する?どちらが先か

 

法則1 幸福優位性(ハピネスアドバンテージ)

幸福優位性(ハピネスアドバンテージ)

人間の脳は、普通の気分のときでもネガティブな気分のときでもなく、ポジティブな気分のときに最もよく働くようにできているということが証明されています。

 

ゆうじ
成功のために、今の幸せを犠牲にするのは、皮肉ですが成功率を低めてしまっているんですね。

それで焦ってがんばるけど、結局うまくいかないという悪循環に陥ってしまいます。

今ある幸せからかみしめていきたいものです。。。

 

法則2 心のレバレッジ化

心のレバレッジ化

幸せと成功をもたらすのは、心の持ちよう次第です。このレバレッジ効果(てこの力)が最大になるように、心の持ちよう(てこの支点)を調整することが大切です。

 

ゆうじ
同じことをやるにしても、心の持ちよう次第で、生産性や効果は全然変わってきます。

 

法則3 テトリス効果

テトリス効果

脳を再訓練してポジティブなパターンを探せば、どんな状況からでもチャンスを見いだせます。

 

ゆうじ
失敗や不安なことばかりに注目すると、脳にその回路ができてしまい、挫折しやすくなります。

「やってもどうせダメだ」「どうせまた失敗する」とかですね。

 

法則4 再起力

再起力
 
挫折や苦労のさなかでも、人間の脳はそれに対処するための道を考え出します。また、そういった経験があったからこそ、より幸せになる道を見出していきます。
 
 
ゆうじ
あの経験があったから、今の自分がいると思えると、なんだか楽になりますね。
 

 

法則5 ゾロ・サークル

ゾロ・サークル

まず達成可能な小さなゴールに注目して、人生のコントロール感覚を取り戻します。そこから徐々に範囲を広げて大きなゴールを達成していきます。

 

ゆうじ
僕もそうでしたが、最初から大きなゴールを決めて、理想に圧倒されて途中でやめてしまうんですよね。

小さなことからコツコツ広げていくのが、継続しやすいですし、楽しい道です。

 

法則6 20秒ルール

20秒ルール

悪い習慣を断ち切って、良い習慣をつくります。そのために良い習慣を「最も抵抗の少ない道」にして、意思力に頼らない習慣をつくります。本書では、行動に移すまでに20秒というルールを設けて、脳に抵抗の少ない習慣を提唱しています。

 

ゆうじ
人間の意志力には限界があります。意志力が尽きれば、すぐに元の習慣や楽な習慣に戻ってしまいます。

 

法則7 ソーシャルへの投資

ソーシャルへの投資

周りの人間関係に投資します。家族、恋人、友人、同僚など人のネットワークを大事にして、それを推進力とします。

 

ゆうじ
ストレスや不安があると、引きこもりがちになりますが、それは個人的にありだと思っています。

外に出たくなった時に、出てみましょう。

 

幸せの波及効果

幸せの波及効果

幸福優位7つの法則を活用すると、周りへの影響も感じます。

自分に変化を起こすことが、周りの人にも影響を与えます。7つの法則をすべて一度に使えば、幸福と成功の上昇スパイラルが点火されるので、その効果はすぐに何倍にもなります。

 

ゆうじ
どんなに大きなことも、ほんの小さなことから始まりますよね。実践しないと意味ないですが、コツコツ実践してみると、変化を感じられます。

 

幸福優位7つの法則まとめ

幸福優位7つの法則の要約・まとめ

いかがでしたでしょうか。

7つの法則を実践すると、人生がより豊かになっていきます。

1.幸福優位性(ハピネスアドバンテージ)
ポジティブは脳に良い影響を与える。

2.心のレバレッジ化心の持ちよう次第で、結果は変わる。

3.テトリス効果
ポジティブな回路をつくると、チャンスが見つかる。

4.再起力
不安やストレスを自分の力に変える。

5.ゾロ・サークル
小さなことから始めて、大きなことを達成していく。

6.20秒ルール
意志力に頼らない習慣をつくる。

7.ソーシャルへの投資
人という資産に投資する。

 

この中の1つでもいいので、まずはやってみることから変化は始まります。

 

ポイント

  • 幸せだから成功する。順番は逆。
  • 小さなことから、大きなことが始まる。
  • ポジティブな脳は、トレーニング次第でなれる。

 

仕事も人生も充実させる ハーバード式最新成功理論

created by Rinker

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おもしろ心理学 , 2019 All Rights Reserved.