ギャンブラーの誤謬(ごびゅう)とは?投資家が知るべき人間の心理 | おもしろ心理学

おもしろ心理大学 あそ部 なにしよう科

ギャンブラーの誤謬(ごびゅう)とは?投資家が知るべき人間の心理

2019/03/29
 
投資家が知っておくべき心理学|ギャンブラーの誤謬とは
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

 

ギャンブラーの誤謬(ごびゅう)とは、不合理な判断をしてしまう心理現象です。

 

ゆうじ
こんにちは。心理学研究家のゆうじです。

普段は企業で働きつつ、心理学研究やカウンセリングをしています。

 

 

  • ギャンブラーの誤謬の意味を知りたい。
  • ギャンブラーの誤謬の具体例を知りたい。
  • 投資で注意するべきポイントを知りたい。

それでは見ていきましょう。

ギャンブラーの誤謬とは?

ギャンブラーの誤謬とは?意味を解説

ギャンブラーの誤謬とは、主観で不合理な判断してしまう心理現象です。

 

  • コインを投げて表が連続出る⇒次はさすがに裏が出るだろうと判断する。

コインの裏が出る確率は50%であるのに、表が続くと「次は裏だ」と勝手に判断してしまいます。

しかし実際にはコインを何回投げようと、裏が出やすくなるという関連性は全くありませんよね。

 

このような非合理的な判断をしてしまう心理現象を、ギャンブラーの誤謬といいます。

 

ゆうじ
コイン投げにおいて、前回の結果と次の結果は全く関連性がありません。

このように無関係な事象を、独立事象といいます。

 

ギャンブラーの誤謬の具体例

ギャンブラーの誤謬の具体例

ギャンブラーの誤謬の例をご紹介します。

サイコロを使った事例

サイコロを投げて、次のような目が出るとします。

  • 「1」
  • 「5」
  • 「3」
  • 「2」
  • 「6」

次は何が出ると思いますか?

 

まだ「4」が出ていないので、「4」だ!と思う人がいるかもしれません。しかし実際のサイコロの目が出る確率は6分の1ですよね。

ここで予想をするのが、いわゆるギャンブラーの誤謬となり、判断ミスをしてしまう原因になります。

 

「そろそろ」という認識は間違い

仮に「4」という数字が連続で何十回投げても出ない場合があります。

そんな時は「そろそろ4も出るだろう」と考えがちです。

しかし前述したように、「4」が出る確率は6分の1です。常に、6分の1です。

「そろそろ」と判断することが、いかに危険かお分かりいただけるでしょうか。

 

ギャンブラーの誤謬で失敗しない方法

ギャンブラーの誤謬で失敗しない方法

客観性を持つことです。

その際に知っておくべき法則が大数の法則です。

 

大数の法則とは

大数の法則とは、試行を重ねるほど事象の出現回数が、理論上の数値に近づくという法則です。

 

  • コイン:投げれば投げるほど、表裏の出る確率がそれぞれ50%に近づく。
 
  • サイコロ:投げれば投げるほど、各数字の出る確率が6分の1に近づく。

 

大数の法則によって客観性のある数字を把握するまでには、数多くの試行が必要です。

試行の母数が少ないと、客観性を保てないからですね。

 

ゆうじ
ちなみに、じゃんけんはギャンブラーの誤謬が働きません。

相手との駆け引きであり、独立した事象ではないからですね。

※前回出した手(グー・チョキ・パー)が、次出す手に影響を及ぼす

 

投資で失敗しない方法

客観的な数値を把握し、自身の経験則で判断しないことです。

 

  • 客観性を取り入れる。
  • 主観を排除する。

 

「歴史に学べ」「先人に学べ」という言葉がありますよね。

ちっぽけな試行回数による主観的判断よりも、合理的に判断していくことが投資では求められます。

自分を信じすぎず、疑いすぎず、合理的な判断をとっていきましょう。

 

【注意】ギャンブラーの誤謬の誤謬

【注意】ギャンブラーの誤謬の誤謬

ギャンブラーの誤謬には2種類あります。

  • ギャンブラーの誤謬
  • ギャンブラーの誤謬の誤謬

 

ややこしいですが、大数の法則を信じすぎるとギャンブラーの誤謬の誤謬が働きます!

例えばFXや株においても客観性を重視するあまり、思わぬ方向に動いて大損をしてしまうかもしれません。

 

客観的な情報はあくまでも武器であり、それ自体にとらわれると痛い目に遭います。

注意しましょう。

 

ギャンブラーの誤謬(ごびゅう)とは?投資家が知るべき人間の心理まとめ

ギャンブラーの誤謬(ごびゅう)とは?投資家が知るべき人間の心理のまとめ

いかがでしたでしょうか。

人間は自分の判断が正しいと思い込むあまり、誤った判断をしてしまいがちです。

客観性を武器に判断し、合理的に考えることも大切です。

ぜひギャンブラーの誤謬を理解して、今後の人生の判断に役立ててくださいね。

ポイント

  • ギャンブラーの誤謬とは、主観で判断してしまう心理現象。
  • 人間はつい、非合理的な判断をしてしまういきもの。
  • 客観性を持って、合理的な判断をしていくことが人生には必要。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おもしろ心理学 , 2019 All Rights Reserved.