フォールス・コンセンサスとは?人間関係で失敗しない心理学 | おもしろ心理学

おもしろ心理大学 あそ部 なにしよう科

フォールス・コンセンサスとは?人間関係で失敗しない心理学

2019/04/20
 
フォールス・コンセンサス 人間関係で失敗しない方法
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

 

 

ゆうじ
こんにちは。おもしろ心理学のゆうじです。

 

フォールス・コンセンサスってなに?

どんなことに活かせるの?

わかりやすく教えてほしい。

 

人間関係で失敗しないための心理学、フォールスコンセンサスについて解説します。

 

それでは見ていきましょう。

フォールス・コンセンサス効果とは

フォールスコンセンサス効果とは

フォールス・コンセンサス(False consensus)とは、みんなが自分と同じ意見や考えのはずだと思い込む心理現象です。

つまり、自分の意見が多数派だ!正常だ!と思う心理ですね。

偽の合意効果、総意誤認効果とよばれたりもします。

コンセンサスには、複数の人による意見の一致・合意という意味があります。

事例

  • お土産はみんな食べ物がいいだろう。
  • 日本人はパンよりお米がいいだろう。
  • このマンガは絶対ウケがいいだろう。

 

これ良いな!と思って他人におすすめした結果、全然ウケが良くなかった経験はありませんか?

人は他人も自分と同じように考えているだろう!と見なしたがります。

 

ゆうじ
親しければ親しいほど、フォールス・コンセンサスの効果は高まるといわれています。

家族や友人ほど向きになったりしますよね。

 

フォールス・コンセンサス効果の実験例

フォールスコンセンサスの実験例
 
アメリカの心理学者であるロスはある実験をおこないました。
 
 

実験概要

 
  • 自分の考えが標準的だと思う学生はどれぐらいいるのか。
 
 

実験内容

 
  1. 学生にサンドイッチマンの格好をしてもらう。
  2. その格好でキャンパスを歩き回るように依頼。
  3. それを承認した学生と拒否した学生に分ける。
  4. 同じことを別の学生に依頼したら、承認してくれると思うか?と質問。
 
 

実験結果

 
  • 承認した学生:承認してくれると思うが60%。思わないが40%。
  • 拒否した学生:承認してくれると思うが30%。思わないが70%。
 
 

実験結果からわかること

 
  • 自分の考え=みんなの考えと思う学生が多数。
 
つまり、自分の意見・考え・価値観は一般常識的だろうと決めつけてしまいがちなんですね。
 
 

フォールス・コンセンサス効果の5つの具体例

フォールスコンセンサスの具体例

フォールス・コンセンサスは、日常のいろんな場面で働いている心理現象です。

自分の当たり前は相手にとっての当たり前とは限りませんよね。

事例をみていきましょう。

(1)恋愛

 

  • 良かれと思って送ったLINEが、相手を傷つけてしまった。
  • あなたのためと言った言葉が、相手を怒らせてしまった。
  • 自信満々で準備したはずのデートが、大きくすべった。

 

(2)ビジネス

 

  • 丁寧に説明したつもりが、専門用語ばかりで理解されなかった。
  • これは絶対売れる!と思ったモノが、全然売れない。
  • この商談は上手くいくと思ったのに、まったく相手にされなかった。

 

(3)食事

 

  • 女の子はみんなパンケーキが好きだと思ったのに、まさか嫌いな人だった。
  • これ美味しいよ!とすすめたのに、まずいと言われた。
  • 卵焼きは絶対醤油と思っていたのに、ソースの人がいた。

 

ゆうじ
東日本と西日本で味付けが違うとか言われるけど、そうじゃない人ももちろんいますよね♪

 

(4)就活

 

  • 面接で完璧に答えたと思ったら、落ちた。
  • 絶対に無理だと思ったら、最終面接までいった。

 

(5)国

 

  • 日本の常識が海外でまったく通用しない。
  • 外国人とのシェアハウスは上手くいかないだろう。
  • 言語が違うと分かり合えないだろう。

 

フォールス・コンセンサス効果が働く2つの原因

フォールス・コンセンサスが働く理由

フォールス・コンセンサスが働く理由は2つです。

  1. 自分が多数派と思うことで安心できる。
  2. 自分の考えを無意識に他人に投影している。

 

(1)自分が多数派と思うことで安心

少数派よりも、多数派に安心感を感じる人がほとんどです。

流行も同じですね。

 

(2)自分の考えを無意識に他人に投影

自分の考えが自分には一番わかりやすいものです。

それを「普通はこうでしょ」と他人に投影してしまうんですね。

フォールス・コンセンサス効果の3つの落とし穴

フォールス・コンセンサスの落とし穴

フォールス・コンセンサスを知らないと、人間関係でトラブルになります。

そうならないためにも、事前に3つの落とし穴を理解しておきましょう。

 

(1)価値観の押し付け

自分の考えが絶対だと思い込むと、知らないうちに相手に価値観を押し付けてしまいます。

分かり合えているという過剰な期待が、相手を苦しめてしまうんですね。

特に親しい間柄であるほど価値観の押し付け・過剰な期待は高まる傾向にあります。

 

(2)客観性の喪失

フォールス・コンセンサスが働くと主観的になり、客観性が失われます。

客観性が失われると事実が見えなくなるので、ますます相手との考え方の違いが分からなくなり関係性が悪化します。

 

(3)誤解・誤判断

自分のフィルターを通して相手を見てしまうため、誤解が生まれます。

この誤解が厄介で、後で誤解であるとわかっても自分の判断を正当化しようとしてさらに誤った解釈をしてしまう可能性があります。

 

人間関係を良好に保つためのフォールス・コンセンサス対策

人間関係を良好に保つためのフォールス・コンセンサス対策

フォールス・コンセンサスの対策を理解しておくと、人間関係を良好に保ちやすくなります。

 

<対策>

  1. 直接相手に聞く
  2. 客観的な情報に目を向ける
  3. 複数の意見に耳を傾ける

 

(1)直接相手に聞く

良かれと思ったことは、相手にとって良いこととは限りません。

自分がされて嫌なことは人にしないと言われますが、それも同じです。

自分がされて嫌なことでも、他人は喜ぶことも意外とあります。

認識にズレがないように、直接相手に聞いてみましょう!

 

(2)客観的な情報に目を向ける

相手のライフスタイルや数字で表せるものなど、客観性のある情報に目を向けることが重要です。

自分の意見が一般的だと思いやすいときは、客観的な情報に目を向けましょう。

相手の事実に目を向けることが、誤解やストレスの少ない関係性につながります。

 

(3)複数の意見に耳を傾ける

自分の勝手なフィルターを通して相手を見てしまうのは危険です。

人間関係を良好に保つには、周りの人のフィルターを通した意見も取り入れましょう。

なぜならば人によってまったく解釈が違ったりするからです。

 

フォールス・コンセンサスの逆の効果:フォールス・ユニークネスとは?

フォールス・コンセンサスの逆の効果:フォールス・ユニークネスとは?

フォールス・コンセンサス効果とは逆に位置する心理現象について解説します。

  • フォールス・ユニークネス効果

 

フォールス・ユニークネス効果

 フォールス・ユニークネス効果とは、フォールス・コンセンサスとは逆の意味の心理現象です。

 

自分のことを特別である、と評価してしまう点では同じ意味ですが、違いを簡単に説明すると

  • フォールス・コンセンサス効果:自分のことを多数派だと思う心理。
 
  • フォールス・ユニークネス効果:自分のことを少数派だと思う心理。

 

もう少し説明すると

  • フォールス・コンセンサス効果⇒自分のことを多数派・正常な考えを持っている人間だと思う傾向。
 
  • フォールス・ユニークネス効果⇒自分のことを少数派・人とは違う考えを持っている人間だと思う傾向。

 

それぞれの特徴

  • フォールス・コンセンサス効果⇒世の中の常識や流行などにとらわれがち。
 
  • フォールス・ユニークネス効果⇒自分を過小評価、あるいは過大評価しがち。

 

日常のありがちな事例

卵焼きには醤油でしょ!と言われた時の反応

 

  • フォールス・コンセンサス効果:間違えないね!醤油だね!
 
  • フォールス・ユニークネス効果:いや、そもそも卵焼きじゃなくて目玉焼きでしょ!

 

ゆうじ
イメージ的には、ひねくれている人がフォールス・ユニークネスと思ってもらってOKです。笑

 

フォールス・コンセンサスのまとめ

フォールスコンセンサスのまとめ

いかがでしたでしょうか。

フォールス・コンセンサスは人間関係を良好に保つうえで知っておくべき心理現象です。

人間関係が上手くいかないときは自分の認識に偏りがないか自問自答してみましょう。

きっと突破口が見つかりますよ。

ポイント

  • フォールス・コンセンサス(False consensus)とは、みんなが自分と同じ意見や考えのはずだと思い込む心理現象。
  • 自分の当たり前が他人の当たり前とは限らない。
  • フォールス・コンセンサスの対策を理解しておくと、人間関係を良好に保ちやすくなる。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おもしろ心理学 , 2019 All Rights Reserved.