英語が話せる勉強法|オンライン英会話を一日10回受けて気づいた事 | おもしろ心理学

おもしろ心理大学 あそ部 なにしよう科

英語が話せる勉強法|オンライン英会話を一日10回受けて気づいた事

2019/03/13
 
英語が話せる勉強方法。オンライン英会話 一日10回受けて 気づいたこと!
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら




ゆうじ
こんにちは。おもしろ心理学のゆうじです。

 

本日、下記のツイートをしました。

英語が上達する方法について、僕の体験をもとにまとめました。

英語上達で悩んでいる人は、ぜひご覧ください。

とはいいつつも、ものすごくシンプルなことしか書いていませんので、あなたの役に立てないかもしれません。

 

こんな方へ
  • 英語が話せるようになりたい。
  • 英語が話せる勉強法を知りたい。

 

それでは見ていきましょう。




英語が話せる勉強法は、ただ話しまくること

英語が話せる勉強法は、ただ話しまくること

英語って、ただ話せばいいんですね。

あなたには、こんな考えがありませんか?

  • 英語は難しい。もっと練習が必要。
  • 英語は海外に留学しないと上達しない。
  • 話せるようになるまで時間がかかる。

しかし、そのような考えは一切不要です。

僕は正直まだ日常会話レベルしか話せませんが、これからもっと上達していくと確信しています。

その理由は、話せるようになるコツがわかったからです。

そのコツは

  • 話しまくる

 

シンプルすぎますが、この学習方法で、ほぼ解決すると思っています。

よくよく考えると分かるのですが、あなたが日本語を話せる理由は

  • 日本語を話してきたから

ですよね。笑

英語も同じで、話すから話せるようになります。

◯ 話す⇒話せるレベルになる。

× 話せるレベルになる⇒話す。

 

ゆうじ
話すから、話せるようになる。最初は独り言から始めてみよう!

 




オンライン英会話を一日10回受けて気づいたこと

オンライン英会話を一日10回受けて気づいたこと

オンライン英会話は、25分×1回のもので、この記事を書いている今日は、合計250分受けました。

レッスンを通して、先生たちからいろいろとアドバイスをもらいました。

英語を話せるようになる学習方法

  1. 英語を話してください。
  2. 英語が話せるともだちをつくってください。
  3. 洋画を観てください。
  4. 洋楽を聴いてください。
  5. 英語の文章を読んでください。

つまり、とにかく英語に触れることが大事だと言われました。

英語に触れる、英語に触れ続ける。

英語を非日常ではなく、日常の中の一部にまでもってくるということです。

ゆうじ
僕たちが、日本語を覚えているのも、同じ理由ですよね。

 

英語上達におススメな方法は、5感覚を使うこと

個人的におススメな方法は、5感覚を使って学習することです。

 

<5感覚>

  • 視覚
  • 聴覚
  • 触覚
  • 味覚
  • 嗅覚

英語を学習するときに感覚器官を使うと、記憶に残りやすいのでおススメです。

 

例えば

  • 視覚⇒文章を見る。ネイティブの発音を見る。
  • 聴覚⇒洋楽を聴く。会話する。
  • 触覚⇒単語や文章を書く。
  • 味覚⇒食事をしながら会話する。
  • 嗅覚⇒匂いを感じながら学習する(アロマとか)。

 

この感覚器官を使った学習方法は、応用もできます。

  • 「Walk」と言葉にしながら、実際に歩く。

  ⇒聴覚、触覚で記憶。

 

  • 字幕を出して、映画を観る。

  ⇒視覚、聴覚で記憶。

 

ちなみに、オーストラリアにはVAKとよばれる学習方法があります。

VAK

  • Visual:視覚から学習する
  • Auditory:聴覚から学習する
  • Kinesthetic:身体感覚から学習する

 

ゆうじ
自分にあったやり方でやるのが一番。




アウトプットすることが、最上級のインプット

アウトプットは最上級のインプット

アウトプットした分だけ、インプットできると思ってOK。

コップと同じで、新しい水を入れたかったら、今入っている水を出さないといけないですよね。

僕も英会話をしてみて思いましたが、アウトプットし始めてからの方が、インプットの吸収率が圧倒的に違います。

逆にいうと、インプットしたければアウトプットを先にやるということです。

 

ゆうじ
アウトプットの数だけ、インプットが増える。

 

英語を話せ!話せ!話せ!

英語を話せ!話せ!話せ!

ということで、結論は英語を話せ!です。

話せるようになりたかったら、話しましょう。

何度も書いて申し訳ないですが、話せるようになってから話すという考えでは、いつまでたっても話せません。

話すから、話せるようになります。

 

僕も会話レベルが低いので、話しまくって英語を淡々と学習していきます。

 

英語初心者の僕に先生がくれたアドバイス

英語初心者の僕に先生がくれたアドバイス

最後に、英語学習でもっとも大事なことを先生に教わりましたので、載せておきます。

  • はーい、ゆうじ、楽しんで。
 

当たり前ですが、英語が話したい人は、英語が話せるようになることが最優先事項ですよね。

そのため、英語学習において何よりも優先順位が高いのは、「英語が話せるようになるまで継続すること」。

継続するためには、やはり楽しんで無理なくやることがいいのではないでしょうか。

ゆうじ
英語学習しているみなさま、ともにがんばりましょう~。

 

英語が話せる勉強法のまとめ

英語が話せる勉強法のまとめ

いかがでしたでしょうか。

英語が少しでも話せるようになると、毎日が楽しくなるし世界が広がります。

まずは、小さな会話から始めて、日常に取り入れていくのもいいかもしれませんね!

 

ポイント

  • 英語上達の方法は、とにかく話しまくること。
  • 5感覚を使って、英語を吸収する。
  • アウトプットが、インプットの質を劇的に変える。




この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おもしろ心理学 , 2019 All Rights Reserved.