やるかやらないか迷ったらやるべき3つの理由【心理学的解説】 | おもしろ心理学

おもしろ心理大学 あそ部 なにしよう科

やるかやらないか迷ったらやるべき3つの理由【心理学的解説】

2019/03/18
 
やるかやらないかで迷ったらやるべき3つの理由
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

 

ゆうじ
こんにちは。おもしろ心理学のゆうじです。

ブログを毎日1記事書いています。

 

やるかやらないか…

どうするべきか…

なかなか決まらず、結局先延ばしにしてモヤモヤしていませんか?

 

この記事でご紹介する「やるかやらないか迷ったらやった方がいい3つの理由」を知ると、行動を起こすきっかけが見つかります。

なぜなら僕もこの3つの理由がわかって、簡単に行動を起こせるようになったからです。

 

最近の僕は

  • ブログをスタートする
  • ボクシングをスタートする
  • 英会話をスタートする

これらのことを意外と簡単に始めることができるようになりました。

 

この記事では、行動を起こすべき理由を3つご紹介して、フットワークを軽くする方法について解説します。

 

記事を読み終えると、今後「やるかやらないか」で悩むことなく、あなたは行動できるようになります。

 

 
こんな方へ
  • やるかやらないか判断できず、先延ばしにしてしまう人。
  • やるかやらないか迷ってモヤモヤしている人。

それでは見ていきましょう。

 

やるかやらないか迷ったら、やった方がいい3つの理由

 
 
 

 

個人的におススメなのが「やらないより、やった方がいい」です。

 

理由は

やらないと

  • 後悔する
  • 人生変えられない
  • チャレンジできなくなる

 

それぞれ、心理学的視点も加えながら、解説していきます。

 

(1)ツァイガルニク効果:後悔が続く

「やる」「やらない」では、同じ後悔でも後悔の大きさがまったく違います。

  • やる後悔< やらない後悔

これは、ツァイガルニク効果が働くからです。

 

ツァイガルニク効果とは、中断したことや達成できなかったことを強く記憶しているという心理効果。

⇒【ツァイガルニク効果】勉強嫌いな人でも楽して続けられる勉強方法

 

ゆうじ
中途半端なこと、やらずに終わったことが、気になり続けるんですね。

 

(2)現状維持の法則:人生が変わらない

やらないと、人生変わりません。やれば、変化の兆しが見えます。

  • やらない⇒何も起こらない
  • やる⇒変化の兆しが見える

 

変化を拒んで現状維持に逃げると、どんどん変化が起こせなくなります。

 

現状維持の法則とは、人間は選択肢が複数ある場合、普段と同じような選択をしてしまうという法則。

⇒【現状維持の法則】あなたの行動がうまくいかない理由|心理学で徹底解説!

 

ゆうじ
余談ですが、人生変える必要はないと思う人もいるかと思います。

ただ、時代は急速に変化していますよね。

そんな中、自分だけ変わらないというのは不可能ですよね。

 

せめて現状維持し続けたいのであれば、変わり続ける必要があります。

 

(3)損失回避の法則:チャレンジできなくなる

やらないと、ますますチャレンジできなくなります。

  • やる⇒失敗に寛容になる⇒もっと挑戦できる
  • やらない⇒失敗が怖くなる⇒やらない

 

損失回避の法則が働くと、どんどん行動力がなくなっていきます。

 

損失回避の法則とは、得することより、損失を避けようとする心理効果。

⇒損したくない性格は変えられる?|損失回避の法則を知って楽に生きる

 

ゆうじ
成功よりも、失敗が気になって行動できなくなります。

 

 

やるかやらないかを、「やる」に変える方法

やるかやらないかを、「やる」に変える方法

やるメリット、やらないデメリットなどを分析します。と、言いたいところですが、それはあまり意味がありません。

なぜならば、やってもないことを最初から分析なんてできないからです。

だから、まずはやってみましょう。

 

見切り発車でOK

なにか行動を始めるときは、こう考えると行動しやすいです。

  • 自分に合わなかったら、すぐやめてOK
  • 「完食」ではなく「試食」程度の気持ちでOK
  • 居酒屋行ったときの「とりあえずビールで」程度のノリでOK

 

ゆうじ
まずはやってみること。

そうすると、人生の時間の無駄が減ります。

 

やるかやらないか迷ったらやった方がいい3つの理由まとめ

やるかやらないか迷ったらやった方がいい3つの理由まとめ

やるか、やらないかで迷ったらとりあえずやってみましょう。

理由は以下です。

  • 後悔する
  • 人生変わらない
  • チャレンジできなくなる

 

動いていく過程で、見える世界が変わっていきます。

チャレンジが増えると、とうぜん失敗も増えますが成功もしやすくなりますよね!

ポイント

  • やるか、やらないか迷ったらやるべき。
  • やらないと、後悔する。変化しない。チャレンジができなくなる。
  • 行動を起こすと、結果的にムダが減る。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おもしろ心理学 , 2019 All Rights Reserved.