ディドロ効果|マーケティングで売上を上げる心理術 | おもしろ心理学

おもしろ心理大学 あそ部 なにしよう科

ディドロ効果|マーケティングで売上を上げる心理術

2019/03/16
 
ディドロ効果 マーケティングで売上を上げる心理学
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

ゆうじ
こんにちは。おもしろ心理学のゆうじです。

ディドロ効果について、解説します。

 
 
こんな方へ
  • ディドロ効果の意味を知りたい。
  • ディドロ効果を活用してマーケティングで売上を上げたい。

 

それでは見ていきましょう。

ディドロ効果とは揃えたくなる心理

ディドロ効果とは揃えたくなる心理

ディドロ効果とは、統一したくなる心理効果です。

あるモノを購入すると、人は統一感のあるもので揃えたくなるんですね。

たろう
無印良品の小物って、ついつい揃えたくなるよね。
はなこ
わかるぅ~。

 

ゆうじ
揃える=ラインナップするともいいますよね。

 

ディドロ効果の由来

ディドロ効果の「ディドロ」とは、人の名前です。

語源は

  • フランスの思想家、ドゥニ・ディドロ氏が書いたエッセイ。
  • 文化人類学者、グラント・マクラッケンによって定義された。

 

ゆうじ
要するにマクラッケンがエッセイを読んで、その内容から「これ、ディドロ効果でよくね?」と言ったということです。

 

ディドロ効果がはたらく理由

ディドロ効果がはたらく理由

一貫性の法則が働くからです。

人は、基本的に矛盾を嫌い、一貫していたいという欲求を持ちます。

その心理が働いて、自分の基準に「合わせたい」「揃えたい」という思いが出るようになります。

 

ディドロ効果の事例

ディドロ効果の事例

ある基準に揃えたくなる、ディドロ効果の事例をご紹介します。

  1. 洋服屋さん
  2. ゲーム課金
  3. スポーツブランド
  4. 漫画全巻ドットコム
  5. 家具
  6. ワイン
  7. 時計
  8. 会社の採用
  9. 人脈
  10. 生活費

(1)洋服屋さん

 

  • マネキン一式に、衣服を身につけさせる。

 

(2)ゲーム課金

 

  • スマホのゲームを攻略するために、課金する。

 

(3)スポーツブランド

 

  • アディダス一式で、ジャージや靴を揃える。

 

ゆうじ
ちなみに僕は、靴はアシックス、靴下はナイキ、ジャージはアディダスというふうにバラバラになりますが、あまり気にしません。

 

(4)漫画全巻ドットコム

 

  • 漫画を全巻買って、本棚に揃える。

 

(5)家具・インテリア

 

  • 部屋の家具やインテリアを統一する。

 

(6)ワイン

 

  • 高級なワインを買って、高級なグラスも揃える。

 

(7)時計

 

  • 高級腕時計を、何本も買い揃える。

 

(8)会社の採用

 

  • 人事が自分好みで、新入社員を揃える。

 

(9)人脈

 

  • 類は友を呼ぶ。

 

(10)生活費

 

  • 家賃の高いところへ引っ越すと、家具も高くなる。

 

ゆうじ
人間は、高い水準に合わせたくなるという心理があります。

その結果、生活水準も上がり、生活費が高くなるということがあります。

浪費はほどほどに。

 

ディドロ効果を使ったマーケティングで売上アップ

ディドロ効果を使ったマーケティングで売上アップ

マーケティングで売上を上げる為のポイントは、ブランド化です。

ブランドとは

  • あなた(会社)が販売する製品に、ポリシー(一貫性)を持つ。

 

  • ルイヴィトン
  • グッチ
  • エルメス

一般的に、ブランドものはリピーターが多いと言われています。

なぜならば、その世界観に一度入り込むと、ディドロ効果が働いて揃えたくなるからですね。

つまり、マーケティングで売上を上げたい場合は、ブランド(一貫性)が重要になります。

 

ゆうじ
自分だけの、独自のブランドをつくりあげよう。

世界観=ブランド

 

ディドロ効果に関連する心理学用語

ディドロ効果に関連する心理学用語

ディドロ効果に関連する心理学用語はこちらです。

  • 一貫性の法則
  • 現状維持の法則
  • ハロー効果
  • スノッブ効果
  • ツァイガルニク効果
  • ザイオンス効果

 

一貫性の法則

一貫性の原理とは、一貫性を保ちたいという心理のことです。

人間は、自分の感情、考え、価値観、態度、言葉遣い、表情、行動など、なるべく一貫性を保ちたいという心理的な欲求があります。

⇒一貫性の原理とは?心理学を使って新しい習慣を身につける方法

 

現状維持の法則

現状維持の法則とは、人間は選択肢が複数ある場合、普段と同じような選択をしてしまうという法則です。

⇒【現状維持の法則】あなたの行動がうまくいかない理由|心理学で徹底解説!

 

ハロー効果

ハロー効果とは、ある対象を評価する時に、際立つ特徴に引きずられて、他の特徴についての評価に影響を与える心理現象のことです。

⇒ハロー効果とは?意味や語源、実験例、具体例まで解説

 

スノッブ効果

スノッブ効果とは、所有しているモノに希少性があると思いたくなる心理現象です。

つまり、みんなが持っているものなんて、つまらないと思う心理ですね。

⇒スノッブ効果|マーケティングで応用できる売上倍増の心理学

 

ツァイガルニク効果

ツァイガルニク効果とは、人は中途半端なことを、よく覚えているという心理効果です。

集めている途中のモノを、人はよく覚えているんですね。

そしてその不快感から解放されるために、ラインナップを揃えたり、コレクションを増やしたりします。

⇒ツァイガルニク効果をマーケティングで応用しよう【事例つき】

 

ザイオンス効果

ザイオンス効果(単純接触効果)とは、同じ人やモノに接する回数が増えるほど、好印象を持つようになる心理効果です。 

⇒ザイオンス効果|恋愛やマーケティングで使える「回数」の心理学

 

ディドロ効果の論文

ディドロ効果の論文

一橋大学の松井剛さん著の論文が、参考になります。

論文⇒なぜ人は消費するのか:他者と言う視点

タイトルの通り、なぜ人は消費するのかという視点で、書かれています。

ゆうじ
マーケティングにおいて、この視点はすごく重要ですよね。

 

ディドロ効果のまとめ

ディドロ効果のまとめ

いかがでしたでしょうか。

ディドロ効果とは、人間がもつ一貫性の法則を元にした心理効果です。

揃えたくなる心理を、ぜひマーケティングでも活用してみてください。

 

ポイント

  • ディドロ効果とは、統一したくなる心理効果です。
  • マーケティングで売上を上げるためのポイントはブランド化。
  • 人が持つ一貫性が、人をさらに行動させる。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おもしろ心理学 , 2019 All Rights Reserved.