発達障害者がカクテルパーティー効果(現象)で苦しむ理由と鍛える方法 | おもしろ心理学

おもしろ心理大学 あそ部 なにしよう科

発達障害者がカクテルパーティー効果(現象)で苦しむ理由と鍛える方法

2019/05/21
 
発達障害者がカクテルパーティー効果で苦しむ理由と鍛える方法
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

ゆうじ

こんにちは。
今回はカクテルパーティー効果(現象)と発達障害の関係性についてです。

発達障害で苦しむ人が周りにいる方は、少しでも理解をしてください。この記事があなたのお役に立てれば嬉しいです。

 

この記事を読めば、以下のことが分かります。

  • カクテルパーティー効果(現象)とは
  • カクテルパーティー効果(現象)で発達障害者が苦しむ理由
  • カクテルパーティー効果(現象)《鍛える6つの方法》
  • まとめ

それぞれ見ていこう。

カクテルパーティー効果(現象)とは

カクテルパーティー効果(現象)とは

まずはじめにカクテルパーティー効果(現象)とは、自分にとって重要な情報は雑音・雑談の中でも自然と聞き取ることができるという現象のことです。

詳しく知りたい方はこちらの記事を参照下さい。

【カクテルパーティー効果】仕組みや具体例を分かりやすく解説!

それじゃあ次に発達障害との関係性を見ていきます。

 

カクテルパーティー効果(現象)と発達障害の関係

カクテルパーティー効果(現象)と発達障害の関係

カクテルパーティー効果と発達障害にはどのような関係性があるのか。

その前に発達障害について説明していきます。

発達障害とは

文部科学省のページではこのように書かれています。

発達障害とは、発達障害者支援法には「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」と定義されています。 参照:発達障害とは

んーーーーー難しいなあ。要するに天才ってことです!

 

僕は発達障害の子どもと何度かコミュニケーションを取ったことがありますが、彼らは間違えなく「天才」です。

だから「発達障害」という言葉が使われているのは不思議だなあと思いますが、ここでは便宜上「発達障害」という言葉を使います。

 

発達障害とは、生まれつきの脳機能の発達のかたよりによる障害と言われています。
その人が過ごしてきた環境や周囲の人との人間関係によるミスマッチから、社会生活が困難になることがあるんですね。
この定義だと、程度の差こそあれみんな発達障害だと言えるので、発達障害者と診断された人はあんまり気にしなくていいです。

 

ゆうじ
ちなみに発達障害には大きく3つのタイプがあります。

(1)自閉症スペクトラム(ASD)

(2)注意欠陥・多動性障害(ADHD)

(3)学習障害(LD)

の3つですね。

詳しいことはここでは書きませんが、タイプがあることを知っておきましょう。

 
 

発達障害者がカクテルパーティー効果(現象)で苦しむ理由

発達障害者がカクテルパーティー効果(現象)で苦しむ理由
 

発達障害者がカクテルパーティー効果で苦しむのはなぜなのか。

大きく分けて2つの理由があります。

  • 「感覚過敏」
  • 「感覚鈍麻」
 

それぞれ理由を見ていきましょう。

 

(1)感覚過敏

感覚過敏 

感覚過敏とは、5感覚が敏感すぎることです。

5感覚というのは視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚のことで、この感覚が敏感すぎるということですね。

この感覚が鋭い為、例えば「音」にフォーカスすると、日常でいろんな音を拾ってしまいます。

いろんな音を拾ってしまうと、音の選別ができなくなる。

つまり、感覚が鋭すぎるがゆえに、音を選択して聴けない=人の話が聴けないということになってしまうんですね。

 

ゆうじ
とくに音に対して過敏になることを、聴覚過敏というよ。

 

事例

  • 視覚過敏:外の光がまぶしい
  • 聴覚過敏:お店に行くと周りが気になる
  • 触覚過敏:洋服の生地がお肌に合わない
  • 嗅覚過敏:香水がきつく感じる
  • 味覚過敏:特定のものしか食べられない

 

(2)感覚鈍麻

感覚鈍麻

感覚鈍麻というのは、感覚過敏の逆の現象のことです。

5感覚が鈍すぎることですね。

これは日常で情報を受け取る感覚が鈍いため、上記のように音を例にすると、音が聴けない=人の話が聴きとれないということになってしまいます。

ここで大事なことは、人の話を聴いていないということでは決してないこと。

聴きたくても聴くことが難しいんです。

 

ゆうじ
聴くことが難しいことを、難聴というよ。また、聴覚鈍麻と表現したりもします。

 

以下では、カクテルパーティー効果を高めるために、鍛える方法についてご紹介します。

 

カクテルパーティー効果を鍛える6つの方法

カクテルパーティー効果を高める6つの鍛える方法

カクテルパーティー効果で苦しんでいるあなたやあなたのご家族には、焦らずに読んでほしい。

発達障害者にとっては雑音だらけの日常の中から、自分の必要な情報だけを取り出すこと(選択的注意)はとにかく難しい。

そんな選択的注意のひとつでもあるカクテルパーティー効果を高める方法について説明していきます。

効果が確約できるものではないけど、少しでも日常生活が楽になると嬉しいです。

 
  1. 情報の絞り込み
  2. 興味があることを深く理解する
  3. 自分の名前をつけてもらう
  4. 聴覚系脳番地を鍛える
  5. 伝達系脳番地を鍛える
  6. 感情系脳番地を鍛える
 

では見ていきましょう。

 

カクテルパーティ効果を鍛える方法1:情報の絞り込み

砂時計

日常で考えていることを絞り込んでいくことです。

あなたが「コーヒー」について普段考えているとするなら、コーヒーについての情報をどんどん絞り込んでいきます。

例えばコーヒーから連想される言葉は

  • コーヒー豆
  • コーヒーの産地
  • コーヒーの味
  • コーヒーの美味しいカフェ
  • コーヒーの飲み方

などいろいろあります。そういった情報を絞り込んでいくことで必要な情報を取り入れる感覚を養います。

 

カクテルパーティ効果を鍛える方法2:興味があることを深く理解する

Why

自分が普段から興味関心を持っているものを、深く理解していくことです。

上記のように、コーヒーに興味があるのなら、コーヒーについて本を読んでみたり、人に話を聴いてみたり、ネットで調べてみたりするのです。

そうすることによって、必要な情報と不要な情報を整理する訓練になり、カクテルパーティー効果を高めることができます。

 

カクテルパーティ効果を鍛える方法3:自分の名前をつけてもらう

名前が書かれてあるネームプレート

人とコミュニケーションを取っている時におススメなのが、自分の名前を呼んで話をしてもらうということ。

自分の名前というのは、自分にとって最も重要な情報の1つです。

名前を呼んでもらうことによって、相手から受け取る話の内容も頭に入ってきやすくなります。

あんまりやりすぎると、コントみたいになるので注意が必要です。笑

 

では、次に紹介する3つの方法についてみていきましょう。

脳科学的アプローチによるものです。

 

カクテルパーティ効果を鍛える方法4:聴覚系脳番地のトレーニング

両耳に手をあてて耳を澄ましているスーツの男性

聴覚系の脳番地を鍛えることで、カクテルパーティー効果の働きを高められます。

脳番地とは?
 脳の場所のこと。脳の住所みたいなものだね!

聴覚系や伝達系、感情系などがあって、主に情報をアウトプットする機能か、情報をインプットする機能にわけられるよ。

 

聴覚系の脳番地を鍛える方法は様々あります。

分かりやすい例でいくと、演奏です。

演奏には、ギターやピアノ、ドラム、ベースなど他にもたくさんの楽器が使われていますよね。

その中で、普段意識していない楽器だけに耳を傾けてみるんです。

そうすることによって、聴覚系の脳番地を鍛えることができ、カクテルパーティー効果を高めていけます。

 

カクテルパーティ効果を鍛える方法5:伝達系脳番地のトレーニング

ベンチに座って会話をしている2人

自分の考えていることや気持ちなどを相手に伝えることで、伝達系脳番地を鍛える方法です。

例えば初めて会う人や久し振りに会う人に、なんでもいいので話をします。

会話の内容は「今日はどうやって来られたんですか?」や「夜ごはんはどうしますか?」など他愛もない話で大丈夫です。

その会話の際に、こちらから選択肢を提示してあげるとなお良いです。

 

こんな感じに

ゆうじ
今日の夜ごはんどうする?ごはん系、麺系、それとも鍋とかにする?

みたいに。

 

そうすることで、情報を整理し伝達する感覚が鍛えられます。

結果的にカクテルパーティー効果を高めることにも繋がるんですね。

 

カクテルパーティ効果を鍛える方法6:感情系脳番地のトレーニング

夜の景色を見ている若い女性

あなたには、普段あまり意識していない周りの人はいませんか。

そういった周りの人の変化に気付くということが、感情系脳番地を鍛え、カクテルパーティー効果を高めることに繋がります。

例えば

ゆうじ
「髪切った?」

まるでタモリさんのように言うのがコツ。

 

相手の些細な変化に気付こうとすることが、選択的注意そのものであり、雑多な情報を絞るトレーニングになります。

 

カクテルパーティー効果と発達障害のまとめ

発達障害者がカクテルパーティー効果(現象)で苦しむ理由と鍛える方法のまとめ

いかがでしたでしょうか。

カクテルパーティー効果(現象)と付き合っていくことが大変な人もいる。

そんな中でカクテルパーティー効果で苦しむ原因と、その鍛える方法について書きました。

もちろん個人差はありますが、実践していくことで少しでもあなたの日常に役立ててもらえたら嬉しいです。

ポイント

・カクテルパーティー効果とは自分にとって必要な情報は雑音や雑談の中でも自然と聞き取ることができるという現象。

・感覚過敏や感覚鈍麻によってカクテルパーティー効果が発揮できない場合がある。

・カクテルパーティー効果を高める(鍛える)方法を実践すれば、溢れる情報が整理整頓できて生きやすくなる。

 

<関連記事>

⇒【カクテルパーティー効果】仕組みや具体例を分かりやすく解説!

⇒選択的注意とは?実験や動画で分かりやすく解説!

⇒【選択的注意】両耳分離聴とは?

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おもしろ心理学 , 2018 All Rights Reserved.