行動力をつけたい人必見!自分の危機感レベルを知れば行動が増える!? | おもしろ心理学

おもしろ心理大学 あそ部 なにしよう科

行動力をつけたい人必見!自分の危機感レベルを知れば行動が増える!?

2019/03/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら




ゆうじ
やっほー!
今回は行動力の原理について。マズローの欲求5段階説を用いて解説していきます!

この記事を読めば、以下のことが分かるよ。

  • 行動力と危機感の関係性
  • なぜ危機感が高まると行動力も高まるのか?
  • 行動力が上がる具体例
  • まとめ

それぞれ見ていこう。




行動力と危機感は比例関係にある

危機感が強まれば強まるほど行動力は高まります。

よく火事場の馬鹿力なんて言われるけど、あれは理にかなった現象なんです。

人間は自分が危機的な状況になればなるほど、行動力を発揮します。

それじゃあなぜこの原理が成り立つのか見てみよう。

なぜ危機感が強まると行動力が高まるのか?

危機感が高まると、行動力が高まる理由は1つ。

人は自分の存在が脅かされると、自己防衛が働くからです。

自分を守ろうとする自己防衛の性質が行動力を高めてくれます。

危機感⇒自己防衛⇒自分を守ろうとする⇒守る為に必死になる⇒自然と行動する。

具体例はこの後紹介しますが、このような仕組みが人間にはあります。

それじゃあ次はマズローの欲求5段階説を例に詳しく見てみましょう。

マズローの欲求5段階説とは‽簡単に説明します

引用元:https://www.motivation-up.com

上のイラストがマズローの欲求5段階説です。

例えば

生理的欲求⇒空腹が無理な人

安全欲求⇒家がないとダメな人

社会的欲求⇒ともだちがいないとダメな人

尊厳欲求⇒認められないとダメな人

自己実現欲求⇒夢や目標を叶えないとダメな人

こんな感じで人の欲求には段階がありますよというのがマズローさんの主張です。

実はマズローの5段階欲求にはさらにもう1つ上の段階があるんだけど、それはまた今度記事にしますね。

じゃあ簡単に例を見ていきましょう!

食事

1.食べたいなあと思う人と、食べないと死んでしまう人

どちらが先に「食事をとる」という行動を起こすでしょう?

あなたの答えを教えてください。

住まい

2.家がほしい人と、家がないと生きていけない人

どちらが先に家に住むでしょう?

あなたの答えを教えてください。

ともだち

3.ともだちがほしい人と、ともだちがいないと生きていけない人

どちらが先にともだちをつくるでしょう?

あなたの答えを教えてください。

承認

4.認められたい人と、認められないと存在できない人

どちらが先に人から認められるようになるでしょう?

あなたの答えを教えてください。

自己実現

5.夢や目標を叶えたい人と、叶えないなんてマジ無理!と思っている人

どちらが先に夢や目標を叶えるでしょう?

あなたの答えを教えてください。

 

これら5つの例はかなり極端に表現しましたが、人は何かに向かっていく力より、何かから逃げる力の方が圧倒的に強力なのです。

それぞれ解説すると

  1. 食事をとらないことによる不快=死を避けるために、食事をとる。
  2. 家に住まないことによる不快=ホームレスとして生きる辛さを避けるために、家に住む。
  3. ともだちがいないことによる不快=寂しさ・孤独から避けるために、ともだちをつくる。
  4. 誰にも認められない不快=疎外感から避けるために、認められる存在になる。
  5. 夢や目標を叶えられない不快感=自己否定から避けるために、夢・目標を叶える。

※あくまでも「危機感・不快感」という視点からアプローチしている為、偏った見方に感じる方もいらっしゃるかと思います。そんな方は適当にスルーしてください。

つまり、人間は「快」を手に入れることより、「不快」を避けることの方が優先順位が高いのです。

 




危機感があなたをとんでもないところに連れて行ってくれる

一般的には「危機感は悪いもの」として認識されています。

しかし、この危機感をうまく利用すれば、むしろあなたの原動力となり行動を始めたり、持続させたりすることが簡単にできるようになります。

なぜならば、人は何かを手に入れた時に感じる「快」の感情よりも、何かを手に入れられなかった時に感じる「不快」の感情の方が、圧倒的にパワーが強いからです。

例えば、100万円欲しい!という気持ちより、100万円失いたくない!という気持ちの方が強いのです。

今、なかなか現状が変化しなかったり、悶々とした日々を送っている人は、「快」の気持ちではなく「不快」の気持ちに目を向けることをむしろおススメします。

どうなりたいのか?ではなく、どうなりたくないのか?

この危機感を意識した思考は、時に人を劇的に変化させます。

人は安心したいし、安定したいので、変化を恐れます。

だからこそ、変化したい人は、冷静に自分の現状を見て、やばい!やばい!やばい!と焦ってみましょう。

きっと今自分がいる状況が気持ち悪くなり、早く抜け出したい!と思うようになります。

そうなってしまえば、あとの変化は簡単です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

危機感は実は敵ではなく、味方ということです。

あなたも危機感を利用して、変化のきっかけに利用していきましょう!

ポイント

・危機感が強まれば強まるほど行動力が高まる。

・不快な気持ちは悪いものではない。

・今すぐ変化したい人はあえて危機感を煽ってみる。

危機感を変化のきっかけに。




この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
「おもしろ心理学」を執筆中。仕事や人間関係をきっかけに心理学に興味を持ち、独自に学び始める。その知恵と経験を活かして恋愛、仕事、家族、目標達成など様々な分野の情報発信をおこなう。 1991年10月15日福岡県福岡市生まれ。 好きな食べ物はハヤシライス。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おもしろ心理学 , 2018 All Rights Reserved.